アーカイブ

【母と子のクラシカルホメオパシー講座】

六甲で、りかさん主催で開催しました!

 

シリーズ2回目は、「風邪の時」について

ホメオパシーの世界観

レメディについて・・・

深めていきました

 

また、みなさんとのシェアタイムに

前回の講座からこの日までにレメディを使った方には

その体験談をお話ししてもらうと

春で色んな始まりの頃、長期連休などのタイミングもあり

殆どの方が使われる機会があり

聞く側も、参考になる〜!と

質問も飛び交いながら、濃い体験談となりました 😊

 

参加者全員

「お母さんはホームドクター講座」も受講してくださってて

レメディと自然療法(里芋湿布など)を巧みに使われ

お話を聞いていると、まるで

レメディと自然療法の共演というか

魔法使いというか(笑)

 

その時々に合わせての

ホームドクターのみなさんの智慧が詰まってて

このような実践の積み重ねが

数千年、数百年と、根付く医療や療法を形作ってきたんだろうな、、と

ほんと、感動しました。。

 

そして、一緒に過ごす時間も長くなったみなさんの

息のあった掛け合いや

とても優しい眼差しと空気感 ❤️

 

また、症状に目がいきすぎて

レメディや自然療法の選択が混乱しそうな時は

一旦、そこから離れる

最も大事な、全体像をみる

というところに立ち戻ります

 

キラキラと楽しそうに話してくださったみなさんの表情が

ずっと残っている数日なのよ。。

 

講座をさせていただいている、六甲の

◉アルベルト治療院さん◉

鍼灸や小児はり治療、よもぎ蒸しなどされています

 

アルベルトさんは

ブラジルでも、鍼灸や小児はり治療、他活動もされ

講座前に、先日、行かれたブラジルでの

セミナーや活動のお話を伺いました

また、治療の指導や普及に加え

非行少年たちに鍼灸治療を教える学校づくりもされていて

子ども達に

武器ではなく鍼灸を。笑顔を。と話して下さいます

素晴らしい活動に、私もたくさんの愛と元気をもらいます

 

ブラジルで

多様な医療関係者がチームになって意見交換されたお話を聞き

私も、いつか

小児医療を、チームを組んでできることを想像しているので

心が熱くなります

その実現に向けて、使ってもいいという場所があれば

教えて下さい 🙇

(なかなか場所が見つからないので、投稿しちゃいます)笑

 

ご参加のみなさん、りかさん

アルベルトさん

いつも美味しいお弁当 ルリカケスさん

ありがとうございました💕

 

次回も、体験談も楽しみに。。。

 

 

広告

【神様からの伝言】

小2の娘との、先日の会話

 

娘のお友達から

娘が元気なこと、病院に行かないことから

「ソラちゃんは元気でいいな〜」と言われる!と話してくれ

私は、「ほんま。元気やな〜」と応えると

 

娘が、私に

「ソラが、元気なのは、なんでか知ってる?

神様が、ママに、こういう仕事(私の仕事)をして

ソラちゃんを元気にしてあげてって、ママに言ってん」って(笑)

 

私が、選んだと思ってたお仕事(ライフワーク)は

実は、娘のために、神様から伝言されたものだったとは・・笑

 

でも、妙に、納得。。

というのも、東洋医学をベースに施術を生業にしていたのを

娘の誕生をきっかけに

養生やセルフケア

そして、自分のカラダは自分で守る・養うということを

主にしていくようになり

 

自分自身で元気になっていく

何かあった時も、できるだけ自分で、自然な方法で

対応できる智慧を身につけていくということも

みなさんと共有させてもらうようになり

 

同時に、それは、自分や家族の健康だけのことではなく

まわりの環境や大自然

つながるいのちの健康・共存ということを願い、行動する

ということでもある

 

そして、それらを目指し、実践している

ステキな仲間達にたくさん出逢わせてもらっています

 

また、ここで言う「自分」とは

ひとりで頑張るのではなく

助け、助けられてのお互いさまで

智慧と愛の循環の中に在る

生かされる尊い「いのち」そのもの

 

娘との、この会話の翌日

遊具で頭を打って出血し

遊んでる間は忘れてたけど、帰宅して血を見て思い出し

全身で号泣する娘

 

神様からの伝言通り(笑)

水で洗い

ビワの葉エキスをシュッと

レメディのArn.(アルニカ)を一つのんで

愉気しながら眠り

すっかり元気にいい経過をしました 💕

【始まりの頃】

 

進学・進級がスタートして

体調を崩されるお子さんの

急性症状の相談が続いてます

 

うちの子大丈夫かしら・・と看病や心配される

お母さんやお父さんが、一番お疲れだったり、、

お母さん&お父さんも、大丈夫でしょうか?

 

お子さんの急な体調の変化の状態を

メールやお電話でお聞きしながら、感じ、問診し

ホメオパシーでのサポートを希望する方には

レメディの提案を

私にできることでサポートさせていただきながら

こどもの、ストレートに

身体症状で出せる生命力の素直さを感じます

 

レメディやお手当などによるサポートのベースに

ママ&パパさんがされている

環境の変化に対峙しているお子さんが

家に帰ってほっこりできるよう

ぼーっとできるよう(宿題、宿題はなしね ❤︎

ぎゅーっとしてあげて・・・の日常が

心あたたまります

 

そして

お母さんもお父さんも頑張りすぎないで

笑いの余裕もあって

元気になったら

みんなで、枕投げでもできるような(今時しない?!)笑

まわりにもいっぱい手伝ってもらえるような

そんな日もあって欲しいなーと思います

 

そして、こういう時こそ

症状だけではなく

こども全体、いのち全体に目を向けて

 

手を抜けるところは手を抜いて

これは、私の常套句(笑)

 

 

春の養生は

「氣」が上がりすぎないように

腹で笑う、裸足で歩く、深呼吸をする、頭と目を休める

感性を開く、山菜をいただく、野生に還る・・・

私も、野生児に戻ろう(笑)

春の養生の会

2/4 の立春を目前に

春の陽気が差し込む

育心保育室こもれびの教室 にて

お話しました

 

暦の上では、今は、「冬の土用」の終盤

春の養生のお話をするのにふさわしいタイミング

インフルエンザが流行るのも

冬から春に向けて

カラダを調整していく手段のひとつのようにも思えます

 

「木火土金水」の五行でいうと

春は「木」に属します

臓腑は、「肝・胆」

これからは、「青み」と「酸味」のあるものが

心身を滋養してくれる季節となります

 

春のイメージをお聞きすると

芽吹き、始まりと終わり、心身落ち着かない、

あたたかい、外に出たくなる・・・

まさに、「木」に属する性質です

 

木は上に伸び、芽吹き、氣も上昇しやすい季節

花粉症などアレルギー症状も出やすい頃

グランディングして、深呼吸して、歩いて

足湯して、ゆるめて

ココロとカラダの風通しをよくして

養生していきましょう ✨

 

おひとりで、ペアで

カラダのワークやツボ押しも気持ちよく

after では、腰痛もマシになったと嬉しい感想も 😊

 

<いただいた感想より>

・最近、目やにがよく出て痒くなるし、子どもも目が痒いということが多かったので、デトックスされているからなんだなと思った

・肝をいたわりたいと思う。ストレッチやつぼ押しもして癒された。なかなかいつも実践できないことが多いけど、できる範囲でやっていきたいと思う

・みきさんの講座は、目から鱗なところもあり、新たな発見もあり、とても勉強になる。これからの春に向けて意識的に、日々の生活に取り入れたい

 

 

育心保育室さんの

美味しいお味噌汁、五臓六腑に染み入りました。。

こども達に、前から後ろから抱きつかれて

嬉しすぎた私 😍

 

ご参加いただいたみなさん、こども達

育心保育室さん

ありがとうございました 💕

 

【2/2 養生の会】お知らせ

 

二十四節気の「大寒」を過ぎたところで

冷えと乾燥が極まるこの頃ですね

 

陰極まって陽に転ずる

 

寒い中にも

宇宙は着実に春に向けて巡り

立春は、2/4 です

 

養生とは

いのちを養うこと。養い生きること

 

冬から春への変わり目も

様々な症状が出やすい頃ですね

 

「季節の変わり目」の養生

そして、「春」の養生のお話をします

 

 

東洋の思想・世界観である「陰陽五行」

陰陽のエネルギーの特性と五行色体表をベースとした

食養生や心身の在り方、季節の症状など

また、オススメのツボ(経絡)とお家でできる楽々運動など

日々の暮らしで、その日から実践していただける養生法を

お伝えします 😊

 

◉日時:2月2日(土)10:30-

◉場所:木のぬくもりと香りに包まれる 育心保育室さん

◉お申込:育心保育室 こもれびの教室

 

FB イベントページ

 

養生のお話は、今年は

今回の春の養生をもって

一旦、お休みとさせていただきます

この機会に、是非、起こしだください!

 

ご参加お待ちしています☆

 

お母さんはホームドクター講座

 

皮膚とスキンケア」

 

皮膚の役割や構造から始まり

お家でできるスキンケア

足し算ではない引き算のスキンケア

症状別の自然療法

日々の選択や環境への責任

皮膚とココロ

お母さんの「いのち全体」をみる視線などなど・・

お話させていただきました 😊

 

 

<感想より>

・スキンケアについて乳児湿疹が出てからずっと悩んできたことなので、今回参加できて新たな視点を得ることができてよかった

・とても勉強になった。使っているボディソープやクリームなどを見直そうと思う

・試してみたい自然療法がたくさんあった。次に症状が出るのが楽しみ。最近、静電気が出なくなった理由がわかって面白かった

・知らないことがたくさんで、参加できてよかった

・改めて、意識をリセットすることができた

・私自身、肌が弱いので勉強になった

・いつも情報がたくさんで勉強になる。とても安心できる

 

********

 

 

<主催の tane.to.me さんの言葉より>

5時間くらいの内容を2時間に詰め込んでくれた

パワフルな内容でした。


みきさんの話を聞きながら、

講座は皮膚の症状やお手当なんだけど。

「あなたは、どんな世界で生きていきたいですか?」

そう聞かれているようでした。

勝手に不要と決めて(例えば菌)、排除する。

本当は不要なものなんて何もなかったのに。

いるものと要らないものがある世界と、

全てあってそれでOKな世界。

どっちにしても、生きていく力は、誰かにはもらえない。

自分で養う、

それが養生。そこでいのちが輝く。

そして、

私たちにはその力がある。

誰にでも、必ず

私たちのチョイス一つずつが、

形を作り、

いのちにつながる。

怖さや大げささではなく、

怖さや大げささではなく、

輝きを感じたい。

 

********

 

みなさんの心に響く言葉。。。

 

ご参加のみなさん、こども達

tane.to.me.さん

いい氣に溢れる きさいち邸 産巣日 -むすび- さん

ありがとうございました♡

 

次回は、2月12日(火)

「東洋と西洋の医療からみた アレルギー症状」です!

インフルエンザ

 

獣医師としても

ホメオパスとしても

スピリチュアルリーダーとしても著名な森井先生の記事です

 

インフルエンザの新薬について

インフルエンザで、何故、病院に行くのか

について書かれてます

 

「インフルエンザに薬は本当に必要なのか?」

 

以前にも投稿しましたが

インフルエンザは自然に治る病気です

(基礎疾患がある方や高齢者などは別ですが)

 

ブログにもありますが、病院に行くということは

待合室にいる病気の方や高齢者に感染させてしまうリスクがあること

医療従事者にとっても

本当に医療が必要な方への時間がとられてしまうことにもなります

 

私たちと共存するインフルエンザウイルス

夏に汗をかけない

しっかりデトックスできない

カラダの調整が必要

風邪、発熱の効能が必要なこども・大人

にとっては、インフルエンザや風邪にかかることは

とても自然で意味があり

必要なこととも思えるのです

(ここでも、基礎疾患がある方や高齢者などは別ですが)

 

そして、最も大切なのは

ウイルス性疾患や症状を全うできる

日々の心身づくりですね◯