アーカイブ

染工房 高橋徳

DSC03198

友禅着物の染工房

「高橋徳」

すばらしい日本の美

友禅の美に触れてきました

DSC03196

オーストラリアのシドニーからの御一行

友禅染のプロセスをお話ししてもらっているところです

彼らもアートを学んでいるので

興味津々

私は、通訳で同行しました😊

高橋徳さんのHPにもあるように

京友禅は分業制となっており

それはそれは沢山の工程と人の手を介して

完成される着物

世界にひとつだけの着物

それぞれの分野において

修練を積まれた職人さんの技の結集です

DSC03199

染料

職人さんの道具って

神聖で美しいですね。。

DSC03201

ギャラリーも併設されており

他の分野のアートの展覧会もされています

歴史ある工房で

師と仰がれる存在でありながら

様々な学びや刺激を受け続け

よりいいものを作り上げていかれている姿勢

そして、驚くほどに

謙虚で純粋なお姿に

わたしも多くを学び感じさせてもらいました

見学の後

高橋さんと引率している大学先生の会話が弾むのですが

共通する感覚を味わうことって

国を超え

人種を超え

「ここに在る」ことの喜びに包まれるひとときでした

数分でしたが

内なる時間「静」に導かれ

それはそれはギフトな1日でした

このご縁に感謝。。

美の世界へ

是非、足を運んでみてください☆

★妊婦さんのセルフケア教室 by 助産師あいこ&整体師みき

@助産師あいこさんの家

次回は、5月1日(金)

詳しくは、こちら

広告

大師流小児はり 

DSC02193

色々レポート続きます😝

 

ワークショップ三昧が終わった翌日の4日

大阪の八尾市へ

ソラちゃんが未だ寝ている早朝に出発

姉に朝ご飯、保育所への送りなど全てを委ねて

行ってきました!

 

行く先は

大師流小児はりの名誉会長 谷岡賢徳先生の治療院

アラスカから来日中の鍼灸師3名の通訳で😊

谷岡先生のもとには

世界中から鍼灸治療や大師流小児はりを学びにやってきます

 

私の谷岡先生との出逢いは

ベビー指圧と小児はりをヨーロッパ各地に普及していて

こちらのブログにも、時々登場する

カリン女史とトーマス医師の通訳を依頼された時でした

カリン女史とトーマス医師からの便り

 

谷岡先生は、いつもニコニコ

患者さんとも冗談の連発

あまりの冗談の多さに

私「いま冗談が続いてるんだけど、全部、通訳して欲しい?」と尋ねると

アラスカの鍼灸師は、そっと首を降りました…笑)

 

私たちが見学させて頂いた患者さんで86才の男性は

谷岡先生とは35年以上のお付き合い!!

60代にしか見えないこの方は

農業をされていて、足腰丈夫で黒髪ツヤツヤ

アラスカからの3名の鍼灸師と私は

あまりの若々しさにびっくり😳

 

アラスカからの鍼灸師たち

熱心に治療を見学しています

谷岡先生の熟練された手の動き

触ったり、音をたてての腹診

刺さない鍼の技

お灸をすえる場所の効能

などなど

それはそれはお見事な感覚です😍

私も、勉強になりました〜

 

今回は、2時間しか滞在できなかったので

大師流小児はりを見学できなかったけれど

(講習会や講義では、何度か見学していますが)

子ども達が遊べる空間も十分に備わり

いつもの子ども達の来院が想像できます

空ちゃんと同じキッチンセットもありましたよー(笑)

 

「子どもの笑顔を守りたい」

から始まった大師流小児はり

谷岡先生、他のスタッフの皆さんの笑顔いっぱいの治療院 に

子ども達の笑顔が浮かぶようでした

 

アラスカは、実は、私の大好きな場所

大自然と神話の世界に包まれた土地に魅了された一人です

オルカや白頭鷲が舞い

グリズリーやムースに間近で会ったり

国立公園や自然の中でのキャンプも沢山しました

秋の紅葉絨毯

冬の銀世界

夏の海でのカヤック

アラスカ滞在記

いつかブログにアップできたらいいな…

 

そのアラスカ、アンカレッジからやってきた3名と1才の女の子

家の窓には、ムースがやってくるよーって

ステキな世界ですね☆

 

熱心な鍼灸師のみなさんは

他にも、東京・四国へと鍼灸の学びを深めに訪問してました

いい出逢いに感謝💓