アーカイブ

【守田さんのアメリカ・ニューメキシコ訪問報告】

 

20日、京都気候マーチの前に

守田敏也さんの報告会に

すみれやさんへ

 

「今回のニューメキシコの旅、僕にとっては

「アメリカはこれほどまでに被曝していたのか」と実感する旅でした」

という守田さんの言葉

 

ニューメキシコ州といえば、私にもとても身近な場所

娘を授かり

大切な家族や友達がいて

何度となく、ネイティブアメリカンの人々の聖地を歩き

大好きな大地

 

ヒロシマ・ナガサキに投下された原爆が作られた研究所もあり

こちらで、ピースウォークに参加した時には

広島出身ということで、スピーチさせてもらったり

深いご縁のある大地

 

今回の報告会では

アメリカでの被曝や放射性廃棄物の現状

核を扱う工場での事故や被害、その後の保障

国民に知らされなかった事実

アメリカの被爆者の声や祈り・・・

などなど

( ニューメキシコに限ってではありません )

知らなかったことを、たくさん教えていただきました

自分の中で消化するには、まだ時間がかかりそうです

 

事実を知るということは

時に、心の痛みも伴います

じゃあ、見ないようにしようっ!って蓋をするのではなく

ここから未来に向かって何ができるのかを考え

行動していくことが、私たちにできることだな… と痛感します

 

福島原発の事故も

国民に事実を伝えず、責任もとらず

無罪判決で終えるのですか・・・?

 

大人たち、こんなことの繰り返しは

もうやめないとね。

広告

【グローバル気候マーチ】

 

昨日の、京都マーチ

楽しかった〜 💓

 

気候危機への動き

グローバル規模で開催

 

各地で、今後も開催されてますよ〜!

 

次回の京都開催 (10/3)

こちら

 

地球人としての行動

今後も、地球の大きな懐で、暮らさせてもらえるために

 

まずは、これ以上、地球に、他の種族に

迷惑をかけないよう

自分自身の暮らしから

 

 

 

【放射能汚染水を海洋へ・・】

大阪市の松井一郎市長は

東京電力福島第1原子力発電所の汚染水処理について

「(大阪湾に)受け入れの余地はある」と

してはならない選択でないですか?

 

海を

海に暮らす生き物を

すべてのいのちを

どのように考えてるのですか・・・?

 

【署名】放射能汚染水を海洋放出しないで

【びわ湖と地球人】

 

娘は、この夏、数回目のびわ湖

私は、ようやく一緒に来れた、数年ぶりのびわ湖

 

娘は、水を得た魚のように

くるくる回り泳ぎ、魚を探し

石を積み重ね

キャッキャッと嬉しい声が響く

こんなに幸せなことないな〜と見上げると真っ青の空

 

目の前に

伊吹山と近江富士

透き通る湖

息が深まる美しさ

 

この美しい地球

絶滅した民族や文化、言語、動植物の数は計り知れず

もう人類なんていらないと

私たちの家「地球」は思ってるかもしれない・・

 

私たち人類も、地球に暮らす生き物の一種

これ以上、地球や他種に負担や迷惑をかけないよう

一つ一つの選択を考えていきましょう

 

私たちが抱えるたくさんの問題を

知っていきましょう

 

<お知らせ>

世界中で、気候変動による災害などが多発している近年

「9/23 国連気候サミット in NY」の近日に

世界中で、気候危機へのアクションが予定されています

◉9/20(金)京都市でも、「グローバル気候マーチ」

13:30:円山公園 ラジオ塔付近

14:00:マーチ開始(円山公園から京都市役所まで)

是非、ご一緒に 💕

 

いのちのつながりの中で生かされている私たち

 

みんなで、知って考えて共有して

地球人として、行動していきたいですね

【9/20 気候変動へのアクション】

 

スウェーデンの高校生、グレタさん

「気候変動は人類の生存に対する何よりも重大な脅威であると言い続けていながら、

皆これまでと変わらない生活をしているのは理解できません。

温室効果ガスの排出を止めなければならないなら止めるべき」と

 

たった一人で始めたスクール・ストライキ

共感する仲間が世界中に広がり

各地でムーブメントが起こっています

 

ダボス会議での、大人たちを前に

とても印象的だった彼女の言葉

「あなたたちにパニックになってほしい

家が火事になっているのと同じように行動してほしい」

 

9/23 NYで開催される国連気候サミットを前に

9/20 各国で気候変動に対してのアクションが行われます

 

◉日本各地で予定されている

Takahisa Taniguchi さんの「気候保護のためのストライキ」

 

◉9/20 京都「グローバル気候マーチ」

13:30 集合 円山公園 ラジオ塔付近

マーチは、円山公園から京都市役所まで

 

次世代に地球をつないでいけるかどうかは

この約1年にかかっているとも言われています

 

私も、京都のマーチに参加します〜

かっこいい大人の姿を

頼もしいこどもたちと

都合がつく方、是非、ご一緒しましょう◎

【議会審議中に議長が赤ちゃんを抱っこ】

 

 

こちらの記事

議会審議中に議員が赤ちゃんを抱っこ、ミルクも与え ニュージーランド

 

あまりにも微笑ましい姿 💗

 

新たないのちは

すべての宝

 

老いていくいのちも

すべての宝

 

脈々と続くいのち

 

いのちをつないでいける環境を残していくことは

私たち大人の仕事であり

今は、そのことを、本当に真剣に考え、すぐに行動しなきゃの時

 

こちらの写真のように、できる人がミルクをあげるように

できることをして

楽しく助け合いながら

 

こちらもニュージーランドの記事

国民の幸せは国の義務

世界初 ’幸福’ を国家予算に組み込んだNZの挑戦

【ひろしま平和公園】

原爆ドームに近づくと

多様な国の方達が目に入ってくる

広島出身の私は、日常として、ここに足を運んでるけど

一生に一度、ここを訪れる方も多いんだろうな、、と思う

祈り

真剣に見つめ

沈黙の方、思い思いの言葉を口にする方

 

娘にとっても、2回目の訪問

前回は、とても小さな時だった

今回は、真剣に眺め、原爆投下前と後の写真を見ながら、私に質問が続く

8歳の娘の瞳に映る原爆ドーム

 

 

原爆ドームの横を流れる元安川に近づき

原爆投下の直後、この川にどうやって、人々が入っていったのだろう・・と

私に話しかけてくる

 

私も、数日前に観た

9万人近くの市民、2万人程の被爆者が出演する

映画「ひろしま」で観たシーンを思い出す

 

 

 

ゆっくりと歩きながら、原爆の子の像へ

平和の鐘の音が、途切れず響き渡る

世界中からの折り鶴を眺める

 

 

その後、娘にとっては、初めての広島平和記念資料館へ

4月にリニューアル終えたところで、楽しみにもしていた

 

私が、初めて資料館に行ったのも、娘と同じ歳の頃か少し前

当時の資料館は、とても古く

原爆投下後の匂いがそのまま残っているような、そんな空間だった

 

新しい資料館は

原爆投下前の広島の町並みから、投下後の街並みへ

大パノラマ写真で迎えられる

 

8月とはいえ、平日だったので、少ない入場者を想像していたら

かなりの混雑ぶり

修学旅行生や子供達の姿も

小さな娘は、人の間に混じりながらも長い列に並び

写真や絵画、当時の衣類や品物などをみていく

質問もよくしてくれた

どうして?あれは何?どうなってるの?

 

私の手を強く握り、じっと見つめる娘の瞳

一瞬、立ち止まる足

どんな風に、体験してるのだろう

 

娘の存在全体で出逢い、感じ、考え、疑問をもち、質問し

そして、また考えて、質問し、繰り返す

 

私自身が、様々な出逢いや体験を通して、自分の中で

思考や疑問や統合ということを繰り返し

そして、今も、その体験を繰り返しているように

娘も、自分自身の体験を繰り返していくんだろう

存分に、自分の体験をして欲しいと思う

その邪魔をしないよう、いつもここにいるからね

そして、娘のまっすぐな問いや姿が、私にも多くを学ばせてくれる。ありがとうね

 

 

歴史を知り、平和を誓う平和公園

地元民にとっての憩いの場でもある

桜の頃には、お花見で賑わい

私はご縁がなかったけど(笑)、デートしたり

家族で遊んだり、ピクニックしたり・・・

祈りと暮らしがある

 

娘が、こうやって、いろんな話ができる年齢になったことを

しみじみと感じるありがたい日

大好きなチンチン電車

広島風お好み焼き

広島カープのファンとグッズ

広島を満喫して、京都へ戻ってきたら

 

我が家の台所の水が、ジャーと漏れてて

留守の間に蛇口が崩壊したようで、、^^;

慌てて水道の元栓を閉めて

水をお風呂にためて、プチサバイバル

貴重なお水。。ごめんなさい。。

 

娘には初めての水道なし生活

蛇口を捻ると水が出てくることのありがたさ

これもいい経験

いろんな意味で、盛りだくさんな一日

 

この幸せな日々が、未来永劫続きますように