アーカイブ

おかげさまです

 

久しぶりに京都で迎えるグレゴリオ暦のお正月

今年の和暦の元旦(旧正月)は、2月5日です

 

新たに始まる講座の資料作りや溜まってるパソコン仕事で篭れる日々でした

贅沢な時間。。

時に、川や山へ♪

 

 

 

2019年は

ホメオパシーの活動が増えていきます

講座の予定も続き

とてもありがたく、開催の依頼もいただいています m(_ _)m

 

それで、少しホメオパシーについて

私が、ホメオパシーの専門コースに入学したのは・・

こどもたちの健やかな育ちを願い

東洋医学と自然療法をベースに活動してきた中で

こどもたち、これからお子さんを授かる未妊さんたちに

ホメオパシーが選択肢としてあるといいなと思い

学び始めました

(実際は、もっと激しい感じですが・・笑)

学び始めると

素晴らしい多様な臨床結果に感動と驚きの連続です

 

ホメオパシーの個人セッションや講座でも

レメディを提案することが第一優先ではなく

まずは、お家でできることを前提としてお話します

例えば

・冷えと乾燥に気をつける

・暴飲暴食をしない

・よく噛んで食べる

・ふさわしい生活リズム・食事

・しっかり排泄する

・カラダを動かす

・深い、いい呼吸をする

・楽しく過ごす、笑う

・しっかり眠る(冬の養生の一つは早寝遅起、早く寝て遅く起きる)

・特に、歩き始めるまでのお子さんは、お子さんの成長発達にふさわしい環境づくり

(大人にとっての便利グッズは基本必要ないです!抱っこしていないと泣くというのは普段の姿勢などからくるのかもしれません)

 

これらの暮らし・養生に気をつけてもらい

それでも、自分のチカラだけでは回復しづらい時、サポートが必要な時は

ホメオパシーや他療法の出番だと思っています

 

まずは、お家での 丁寧で楽しい暮らし

そして、何よりも大切なのは、お母さん(お父さん・家族)が

心地よく暮らしているか・・

 

お子さんの発達や様子についての相談もいただきます

まずは、上記したような暮らし・養生を参考にしていただく

そして、お家の中に笑いやゆるむ風が吹いているか

吹いていなければ、どうしてなのかな、、をみていただく

そうしてみたけど・みたいけど、サポートが必要な時は

どうぞご相談ください

そのためにホメオパスになりました! 😊

 

ホメオパシーの個人セッションは

赤ちゃん&お子さん(発達とこころの相談なども)

赤ちゃん&お子さんと母親・ご家族

未妊さん

を主とさせていただいてます

 

歩き始めるまでの赤ちゃんの健やかな成長発達を願うお母さんは

「母と赤ちゃんのディベロプメンタル(発達)プログラム教室」

にお越しください!

日々、赤ちゃんが過ごす姿勢や場所

お母さんのこころもちなど

環境が大きく影響するお年頃です◯

 

 

年末年始

みなさんのおかげさま・・ということを感じる日々

 

2019年もどうぞよろしくお願いいたします

 

みき拝

 

 

広告

よいお年を

 

昨日は

魔女とお餅つき

 

 

 

 

変わり種は・・・柚子わかめ 🤗

 

 

*
*
*

 

今年もどうもありがとうございました

多くのステキな出逢いと時空間に恵まれ心より感謝しています

 

どうぞよいお年を◯

生き物として重要な感覚

田中泯さん

 

情報や言葉が注目される現代だからこそ

「カラダ」や「感覚」との調和の大切さを感じます

 

田中泯さんの

素晴らしい感覚

 

生き物本来の居方を取り戻す。舞踏家・田中泯に聞く「カラダ」

 

 

記事とは関係ないですが

20代の時、舞踏に初めて出逢いました

その時、私の中にあった、踊りや表現というイメージを

ぶち破られたことを記憶しています

ただただ、びっくりというか、初めて触れた世界というか・・

当時、私のまわりには舞踏をしてる方が割と多くいたけど

今は、みなさん、どうされてるのかな、、

 

インフルエンザ

 

獣医師としても

ホメオパスとしても

スピリチュアルリーダーとしても著名な森井先生の記事です

 

インフルエンザの新薬について

インフルエンザで、何故、病院に行くのか

について書かれてます

 

「インフルエンザに薬は本当に必要なのか?」

 

以前にも投稿しましたが

インフルエンザは自然に治る病気です

(基礎疾患がある方や高齢者などは別ですが)

 

ブログにもありますが、病院に行くということは

待合室にいる病気の方や高齢者に感染させてしまうリスクがあること

医療従事者にとっても

本当に医療が必要な方への時間がとられてしまうことにもなります

 

私たちと共存するインフルエンザウイルス

夏に汗をかけない

しっかりデトックスできない

カラダの調整が必要

風邪、発熱の効能が必要なこども・大人

にとっては、インフルエンザや風邪にかかることは

とても自然で意味があり

必要なこととも思えるのです

(ここでも、基礎疾患がある方や高齢者などは別ですが)

 

そして、最も大切なのは

ウイルス性疾患や症状を全うできる

日々の心身づくりですね◯

 

思考のプロセスの大切さ

 

日本では、消えるボールペンが大流行だったりしますが

(私も使ってますー)

消さない、消せないことの大切さを

気づかせてくれる記事でした

 

間違えたら、上書き

ゲームで負けそうになったら「終了」で最初から

それまでのプロセスが無かったかのように

 

「間違い」「負け」はダメ

「正しい」「勝ち」がいい

「間違いなくできました!」がいいじゃん(急に広島弁)

という価値観

 

実は、その価値観も

場所や人、時代が変わると、全く異なったりするもの

 

でも、思考のプロセスは

ひとりひとり、固有のもの

 

間違ったらいいよー

失敗は大成功のもと

たくさん失敗する私は、この言葉に多いに励まされます(笑)

 

消せるもの

例えば、消せるボールペンだと

消せない書道のような、緊張感や先を見据えるプロセスは

育ちにくいですね・・

 

著名な作家さんが、原稿に、鉛筆で、上から横から

書き直していたり、文字を加えていたりするのをみて

その方の思考のプロセスをみれる喜びがありますね

 

デジカメが出た時

貴重なフィルムの一本一本を大事にしながら撮影する姿勢と

何枚でも撮影できる〜という手軽さは

ずいぶん違うなーと思ったのを思い出します

 

便利なものの恩恵もありがたく受けながら

思考のプロセスが残る選択

消せないからこそ養われるものも大切にしたいと

深く感じました

 

眠っている万年筆

起きていただこう。。笑

 

記事はこちら

フランスの子どもたちは消しゴムを使わない。「間違いを消さない」がとても大切な理由

「オーガズミックバース」上映会

 

昨日

「助産師あいこさんち」で観てきました

京都市の様々な助産院と産院で巡回上映されています

 

オーガズミックバース

気持ちのいいお産

愛おしいお産

お産によって「生まれ変わった」という言葉も映画に出てきます

 

女性、家族、カップル・・にとって

お産の体験は

その後の人生、子育ち・自分育ちにも大きな影響を及ぼします

 

こちらの映画は

気持ちのいいお産をされたカップルの登場だけでなく

医療が介入するお産や

出産とセクシュアリティの関係や女性の身体の神秘について知る機会となったり

女性、家族、カップルにとって

本当に優しいお産とは・・・という

新たな視点や問いかけなど、様々な種をもたらしてくれます

 

こんなお産がしたいと思い、準備される妊婦さんに

仕事柄、たくさん出逢わせてていただきます

自然なお産で有名な吉村正さんの書籍

「いのちのために いのちをかけよ」

という言葉も思い浮かびます

とはいえ、思い描いたお産にはならないことだってありますね

 

いのちの誕生は「カミの領域」だと、私は思っています

私が、妊娠中に感じていたことは

宿ってくれた「いのち」にできることをさせてもらう

そして、あとは、カミの領域を信頼し委ねる

何かあれば、それは私たちに起こるべきこととして受け止める

 

誤解を恐れずに言うと

妊娠、お産を通して、私は、恐怖や心配がありませんでした

ヒトの誕生から続く「日常の営み」であるお産

脈々と続く「いのちのつながり」への信頼

お腹の我が子は、大丈夫という信頼

自分自身への、私は大丈夫という信頼

必要となった際の、現代医療への信頼

お産を共にしてくれるみんなへの信頼

お腹の子が、誕生するぞ!と決めた意志と勇気に

私はできることをさせてもらうだけという信頼

 

これらの信頼の源は

私は、カラダのことを生業にしてるからと思われるかもしれませんが

私は、「主体的」に妊娠お産を体験したからだと思うのです

誰か任せにしない、自分のお産

この「主体的」は、お産だけでなく

その後の子育ち・親育ち、自分の人生・・すべてに通じると思うのです

(様々な理由により、主体的になれない方がいらっしゃることも知っています

それも大切な経過です)

 

そして、お産にとても大事な「感性」

映画の中にも、「官能的」という言葉が何度も出てきます

仲間の助産師とも話すのは

お産は頭でやるとうまくいかない。感性が大事だと

さあ、野に山に、自然に戻ろう!「野生」を取り戻そう!笑

 

お産は、映画でも言われてるように

生まれ変わりの機会ともなります

だからこそ、あなたの腑に落ちるお産をと強く願います

いいお産だけでなく、辛かったお産、予想外のお産・・・色々ありますね

そのすべてが

我が子が生まれてきてくれた奇跡への感謝と気づきに

満ち溢れてるのだと思います

 

すべての女性が、家族が、パートナーが

「主体的」にお産を体験されることを心より願います

 

 

写真は、助産師あいこさん撮影のものをお借りしました

今回の上映会を実現させてくれたステキご夫婦に感謝

夫さんのお産サポート教室の一幕も

 

以前、あいこさんとは産前産後教室を一緒にやっていたので

頻繁にいただいていたあいこさんご飯

今回は、久しぶりで、またまたほっぺ落ちました♪

 

出逢わせてもらうお一人お一人のご希望をお尋ねし

私たちにできことを提供させていただく教室を

海(まある)助産院 宮川友美さんと開催しています😊

・妊婦さん教室:2月6日(水)

・ベビママ教室:2月14日(木)

 

天然酵母のパンとお菓子 アペリラさんで開催しています

詳しくは

ブログの最初の投稿の案内をご覧ください 😊

 

 

冬至とライブ

 

今日は冬至

 

一年で、太陽の高さが最も低くなり

お昼が最も短かい日となります

厄を払う太陽と同じ色をした

かぼちゃを食べたり、ゆず湯に浸かったりして

無病息災を願う習慣がありますね

 

素晴らしい古民家とお庭の

五右衛門cafe さんで開催された

ICHI さんのライブへ

お友達と

 

 

 

ICHI さんの音楽、パフォーマンスに

こどもも大人も

太陽のような、大きな笑顔と笑いと陽気さ◎

 

とても自由で

愉快で独創的な楽器と音楽と表現

爽快でした 😊

 

 

そして、五右衛門さんの「おくどさん」で作られた

おいしいランチ

そして、デザートのあずきのガトーショコラ

しあわせな冬至 💕

 

太陽の折り返し地点

明日から、日中が長くなります

 

太陽神への祈りが

クリスマスの始まりとも言われています

よき週末を ✨