アーカイブ

【投票できる大人のみなさんへ】

 

明日は投票日

こどもの僕たちは投票できないけど

今の日本の

そして、僕たちが大きくなった時の日本のために

必ず、投票に行ってください

 

僕たちも

幸せに生きる権利がある

気がついたら、戦地に送られる…

そんなこと、決してさせないでください

 

どうして、一番大切なものが見えないの?

どうして、意味のない争いをするの?

どうして、みんなを大切にできないの?

どうして・・・・・

 

僕たちを

本気で守ってくれようとしている大人たちが沢山いる

そのことを知れた今回の選挙

ありがとう

明日は、どうぞよろしくお願いします

 

 

◉オススメの投票用紙の書き方◉

・1枚目:選挙区選出議員選挙
掲示板に張り出されている候補者の名前一人を記載

・2枚目:比例代表選出議員選挙
全国の選びたい候補者の名前一人、または、政党等の名称一つを記載

★★★ 候補者の名前を記載すると
候補者の得票数 政党の得票数になります ★★★

広告

【新聞記者と熱い夜】

今日(もう昨日)

ようやく、映画「新聞記者」を観に行ってきた

 

映画館をでるとき

重たい気持ちと

肚から湧き出る力が言葉にならなくて

今も言葉にうまくできないけど

昔から、政治家をみて思っていたことを思い出していた

 

きっと、みんな、志を高く、世のため人のためにと

政治家に、ジャーナリストに、高官に…なるんだけど

気づいたら、保身に、欲に、立場的な選択に…と

自分でも思いもしなかった運命の流れに飲み込まれてしまい

身動きがとれなくなってしまうのかなと

 

心は、最初の志を知っている

だけど、それを感じないように、みないように

生きる目的を違う方向に向ける、感じないようにする

麻痺させていく・・・

 

もう、そんなのやめようよ

その鎧、脱いでもいいんだよ

と言われたい人は、いっぱいいるんだと思う

 

その言葉をかけれるのが

国民ひとりひとりであり

その方法の一つが、選挙なんだと思う

 

日本を、こんなに豊かな国にしてくださり

ありがとうございました

これからは、人に、動物に、植物に…

生きとし生けるものにやさしく

万物が共存調和していく

存在してるだけで価値がある時代です

新たなリーダーにバトンとタッチする時のようです

国民、国、宇宙全体が

次のステップに移行する時のようです

そして、我が家の娘は、猫になりまして(笑)

 

投票日まで2日

高揚感の中、候補者の演説を聞いて

心が熱くなり、ひとり汗をかきかき

眠れない夜のつぶやき

きっと、熱い夜を過ごしてる人は

私だけではないはず…

【オーガズミックバース】

 

8週目の娘の体重測定。レトロな体重計が可笑しい…

 

助産師OBiの会 主催「オーガズミックバース」

お産には、いろんなスタイルや選択があること

気持ちいいお産を経験してる人も沢山いること

どのお産も素晴らしいこと・・・

美しいいのちの誕生に触れ

いのちやお産について考える機会ともなる映画

数カ所で上映中です!

 

こちらの映画にも数名出てくる方と同じく

私もアメリカで自宅出産をしました

そこで、私のオーガズミックバースについて

 

・なるべく自然なお産をする

・超音波検査をしない

・会陰切開をしない

・拍動が止まるまでへその緒を切らない

・胎盤を食べる

・産後は、野口整体式に過ごす

・これらを可能にするよう、尽くします♪

 

これは、私が、初めて助産師(ホメオパスでもある)に会った時に伝えた

私がしたいお産リストの項目

もう少し項目はあったけど、大きな部分はこんな感じ

(国や地域によって可能なことそうでないことありますね)

必要となった医療は、もちろん受けますとの意思も

 

これを伝えると、助産師の彼女は

「大丈夫。これは、いつものお産だから」と

 

アメリカと日本のお産の大きな違いの一つは

昔の日本の産婆さんのように

妊娠からお産まで

医師に会うことなく、助産師がすべて遂行できること

もちろん、医療介入が必要な状況になれば、すぐ病院へ

 

また、40歳で初産だった私は

日本だと、自宅出産は難しいお年頃なの〜と伝えると

「年齢じゃなくて、その人の心身の状態だからね!」と

 

臨月間近の登山

 

吉村正医師の言葉「いのちのために いのちをかけよ」な

幸せすぎる 十月十日

臨月頃まで、かなり僻地の聖地でキャンプしたり

野生に還り♪

妊婦ライフを満喫して予定日に

 

全くお産の気配なく

予定日を過ぎた時点で、お腹の赤ちゃんと父親と助産師以外との

コンタクトを一切やめて

ただただ、待つこと

お腹の赤ちゃんとの時間を味わった11日目に陣痛が

 

助産師と若手アシスタント助産師が家に

何時間かかるかわからないけど大丈夫?と

律儀な質問をする私(笑)

何いってんの。それがお産でしょ!と

ゴロンと横になって仮眠する助産師

その姿をみて、あ〜、何時間かかってもいいんだ・・とリラックス(笑)

 

開ききらない子宮口をゆるめるためにお風呂へ

いつもの我が家のお風呂に入り、キャンドルを灯してリラックス

アシスタント助産師が、時に、マッサージしてくれながら呼吸をリードしてくれ

それはそれは気持ちのいい時間

そんなまったりを過ごしている間に子宮口が開き

予定日より12日遅れで

ハッピーベイビー(幸帽子)の娘が誕生してくれました

生まれてきてくれてありがとう・・・

 

生まれたての娘

 

至福と感動の渦中の私

気がつかない間に、後産を終え

2人分と言われた立派な胎盤ともゆっくり過ごし

へその緒を切った胎盤を

台所でテキパキとさばいてくれる(笑)ベテラン助産師

 

他にも、アメリカならでは・・の珍話もあり

ここでは書きづらいので

興味のある方は、直接、聞いてください 😊

 

いのちのために いのちをかけて

いのちの自立をなし

いのちを全うする循環

 

幸せな妊娠お産

分かち合った元夫にも大感謝なのです

妊娠お産も、すばらしき日常の営み

【ほたるの川のまもりびと】

 

たねまきプロジェクト さん主催の上映会で

みてきました

 

長崎県川棚町こうばる地区

 

ほたるが舞い

季節ごとの農作業、魚の勢い、植物の彩り

こどもたちが、くるくる遊びまわり

女性たちの賑やかなおしゃべり

ぶれない大人たち

13世帯が一つの家族のように暮らす美しい里山

 

1962年に持ち上がった石木ダムの建設に

愛をもって暮らしを守り続けるみなさん

 

重機が入らないように、入り口に座り

「ここを通るなら私を殺しなさい」と言ったんだよ・・

と笑いながら話してくださる強さと

韓流が大好きって茶目っ気いっぱいのかわゆいおばあちゃま達

 

しなやかさと優しさとユーモアのセンスいっぱいのみなさん

 

ダムの建設は

どの面から見ても必要のないもの

巨額の税金が使われ

100種類状の生物、2000匹のほたる・・・

後戻りのできない環境破壊となります

 

とても美しい里山に暮らす生きとし生けるものたちの映画です

 

Change.orgで、署名もできます◎

石木ダム