アーカイブ

ドイツとホメオパシー

 

 

ドイツ人医師により体系化されたホメオパシー

 

ドイツでは

薬局で、ホメオパシーのレメディが購入でき

身近な医療として利用されています

 

今回、参加した

こどもの発達と親御さんの支援に関する会議で出会った

数人の治療家や教師たちと

ホメオパシーによる、こども達の支援についても話しました

我が子が、ホメオパシーでとてもよくなったと

熱く語ってくれた方も

 

会議の開催場所となった

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック内にも

ホメオパシー医師のクリニックスペースがあり

保険適用でも診断が行われています

 

 

 

ホメオパシー、鍼灸、指圧、理学療法による

(数人が医師なので、西洋医学の診断も可)

ホリスティック医療クリニック

 

日本でも、実現できるといいな。。。と

声に出しておこう。 😊

 

ドイツの学校は、遊具が木製

 

 

 

常用しているオーガニックスーパーマーケット

マイバック持参で、パンやケーキなどにはビニールでなく紙袋を使用

 

 

 

 

広告

会議の最終日

素晴らしい出逢いでした

 

こども達の健やかな育ちへの支援

親御さんへの支援

 

各国の取り組みを見聞きし

よりよくしていくために考え話し

とても豊かな三日間

日本につなげていきたいと思います

 

 

 

最終日に完成したダルマさん

私のダルマさん・・・

平らなところに置いたら、ひとり首を傾げてて・・・苦笑

 

 

 

充実のドイツ滞在

ほぼ毎日、スカイプしている娘に会いたい病で。。帰り時

明日、帰国します

 

雪のヴィースバーデンより

ドイツで会議

 

***
学校(乳幼児施設)向け ディベロプメンタル(発達)プログラム
***

会議に参加しています

 

開催場所は

プログラム創始者でもあり

日本の伝統医療をヨーロッパに普及している

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック

 

参加国は

ドイツ、スイス、イギリス、ベルギー

オランダ、オーストリア、日本

 

こども達がペアになってできる

とっても楽しく遊び感覚で行いながらも

医学的理論をベースに

発達をサポートする動きや姿勢

感覚への刺激などが濃縮され

 

国によっては

保険適用で学校へ指導に行ったり

銀行などの企業がスポンサーとなり

学校や施設で指導したりしています

 

昨日は、スイスで実践している

こどもと親御さん向けプログラムの一つ

だるまさん作りを体験しました

 

 

 

 

日本の文化が、このように

こども達のサポートプログラムに使われていること

とても感慨深いです。。

 

 

昨日のお昼ご飯のお寿司

とても美味しくて、可愛くて ❣️

 

今日は、最終日の三日目

楽しんできます!

 

◉「ディベロプメンタル(発達)プログラム」FB ページ ◉

 

 

ドイツで野外活動

フィールドアスレチックが大好きな娘

チャレンジして達成できた時の表情は

こどもも大人も、本当に美しいですね!

 

夏に訪れたドイツで

娘の一番のお気に入りの場所が、こちら

二日連続で

ハーネスつけて、本格派フィールドアスレチック

安全に、且つ、大胆に、とてもよく考えられたシステムでした

 

年齢毎に難易度が上がり

大人のは、かなり高所でかなりハードなもの

こういうの大好きな私も挑戦するつもりだったのに、、

こんな時に限って、体調を崩してしまい、、今回は断念。。

次回は、やる気マンマン!笑

 

緑つながりで、緑のおじさんとの写真も 😊

 

 

今更な写真ですが

緑恋しさに、シェアします☆

支援が必要なこども達をサポートするためのWS

こどもの発達と教育に

長年携わっている講師によるワークショップ

 

多様なワークとプレゼンテーション

みんなで考え議論する時間

参加している専門家によるプレゼンテーションと経験のシェア…

とても豊かで実践的で、楽しい学びでした

 

 

「特別支援」「障がい」などの使われる言葉について

どの立ち位置で関わっているのかによる違い

国による違い

また、どのように捉えるのか

何に対してもですが

とても大事なこと

また、様々な立場に立って想像できるか

俯瞰できるかも

大事なことですね

 

大多数の人と違うことが

支援の対象になることが多い現代

それは、言い換えると

その人の個性や才能であったりもします

 

診断名も大事な情報だけど

それが、その子ではありません

ある特定の側面からの情報にしかすぎません

 

その子の可能性に目を向ける

計り知れない人に宿る潜在力

何ができる?

どんな選択がある?

同時に、その子の苦手やパターン、個性も大切にする

 

一人ひとりに

相応しいサポートができるよう

今回の学びを自分のものにしていきたいと思います

 

ドイツ語 → 英語への同時通訳によるワークショップ

こういう機会がある度に

ホメオパシーを実践する度に

語学力をもっと上げたい、、と

モチベーションの炎が燃えるのです、、笑

 

 

トーマス小児科医とカリン小児理学療法士のクリニックがある

街並み

 

ドイツに来ています!

初めてのドイツ

会議に参加しています

 

「学校(乳幼児施設)向け ディベロプメンタル(発達)プログラム」の会議と

WSに参加を目的に

 

会議には

ドイツ、スイス、オーストリア、アメリカからの代表者が集い

各国の状況報告や情報交換

コミュニティとの再会など

素晴らしい出逢いに恵まれています

 

開催場所は、創始者である

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック

 

 

 

 

 

こどもたちが自由に動き、裸足で歩き・・と

素晴らしい施設とデザインのクリニック

念願叶って

初めての訪問に感動です、、❤

 

「学校向け ディベロプメンタル(発達)プログラム」とは

こどもたち同士、親子で… 行う

ペアでのタッチケア(指圧)です

 

こどもたちが遊び感覚ででき

加えて、発達をサポートするようになっており

こどもも大人も

自然と笑顔になってしまうプログラム 😀

 

日本では、昨年

寝屋川市の豊野保育園 で、初めて開催

親子で行い

それはそれは楽しい時間でした!

 

今後は、更に、導入していけたらと思っています

興味のある施設や学校がありましたら

是非、ご連絡ください!

 

そして、なんと、、こちらのプログラム

オーストリアでは

保険で指導を受けることができるのです ‼

いい刺激をたくさんいただいてます

 

ランチは

ドイツで初めてのお寿司!

日本人もうっとりの味(笑)でした

 

昨日と今日は

「支援が必要なこども達をサポートするためのワークショップ」に参加

また報告しますー!

 

 

 

今年も どうもありがとうございました

今年も

どうもありがとうございました

 

たくさんの出逢いに恵まれ

心より感謝しています

 

来年も

こども達の健やかな「いのち」の育みと

すべてのつながる「いのち」の循環と共存を「願」として

精進していきたいと思います

 

今この瞬間に

遠い地で

ホッキョクグマが氷の上をのんびりと歩き

産声が上がり

看取りの時を過ごしている人や動物がいる

いのちの不思議さと尊さですね。。

 

春以降

ホメオパスとしての活動も開始する予定です

こちらもよろしくお願いします!

 

サンタフェで訪れた教会で

娘が、キャンドルに灯をつけたいと言い

二人で、手を合わせて発した言葉が

同じだったことに

驚きと感動した親バカネタも加え(笑)

今年の最後のご挨拶とさせていただきます

「世界が平和でありますように」

 

 

 

 

 

 

みなさん

どうぞよいお年をお迎えください ♡