アーカイブ

【過ちは繰り返しませぬから】

 

 

ドイツで過ごした年末年始

大晦日に、ニュルンベルグに行ってきました

城壁に囲まれる旧市街は、中世の趣を残す街並み

第二次世界大戦で大きな被害を受けたけど

現在のように、美しい街並みが復元されています

 

そして、ナチス政権にとっても重要だった街

当時の資料や映像を収めたセンター (ドキュメンテーションセンター)

党大会広場などがあります

この街に来た一番の目的は、こちらを訪問すること

 

ヒトがヒトに対して

こんなにも酷いことをしてしまう

何の疑問も持たずに命を奪うことが日常になり得る現実

ヒトは、誰しも、このようにもなり得るということ

今も、世界中で現実として起こっている事実

 

時代、タイミング、その時の状況、関係性、パワー・・などが重なれば

繰り返される可能性もある

今も、第三次世界大戦という言葉が世界中を駆けめぐっている

 

どうしてこのような現実が起こり得たのか

そのことを知り、考え

そして、過ちを繰り返さないようできることを考えていく

 

広島の平和公園の石碑にある

「過ちは繰り返しまぬから」

という言葉が思い浮かびます

 

 

大群衆の前で、ヒトラーが立って演説した場所に

私も、立ってみる、想像してみる

 

 

歴史的建造物は、創造性や美の象徴であると同時に

造らせた者の目的や野望、パワーなどをもみることができる

 

世界中で起こる争い、地球環境の変化

生きものたちの変化、暮らしの変化・・

 

激動の時代の今こそ

誰かの言葉を鵜呑みにするのではなく

自分でしっかりと考えること

それが、本当に大切なのでしょうね

 

私も、今年も自分で考え、自分軸で選択し

感性を磨き、内側の声に耳を傾け、外側の声に感謝し

相変わらずの天然さも発揮しながら(笑)いきたいと思います

 

まずは、日々の暮らしの選択を

それが、世界に、地球に、宇宙に・・つながります

【こどもたちの健やかな育ちへ】

 

ディベロプメンタル(発達)プログラムの創始者

カリン小児理学療法士

トーマス小児科医


ミーティングと美味しいものいただきにご自宅へ

彼らのお友達で栄養士のお手製シュトーレンなど♪

 

 

 

出逢いは、私がアメリカから京都に帰国してすぐ

卒業した鍼灸理療専門学校に挨拶に行った際

2人のWSを、日本で初めて開催するから参加したらいいよと

校長先生に誘っていただいたことから

それ以降、赤ちゃんこどもの発達や医療について

多くを学んでいます

お二人は、ドイツで

統合医療のクリニックをもち

数人の専門家とともに

赤ちゃんからご老人までを診ています

医師によるホメオパシー、鍼灸、オステオパシー、小児はり

指圧師による指圧

小児理学療法士によるクレニオセイクラム

ディベロプメンタルプログラム・・と多様

このような場所が

日本で実現できれば

いろんな個性をもつ赤ちゃんこども、ご家族が

集える場所ができれば

そんなことを夢みて長くなってきました

 

こんな場所があるよ

この人に会ってみたら

ここに行ったらいいよ・・なんて情報がありましたら

どうぞ教えてください m(__)m

と・・・

ひとりでは力足りずの私からのお願いも

しちゃいます(^^)

よい年末をお過ごしください☆

【ドイツに来ています】

 

症状について、全人的な捉え方

自己治癒力

潜在意識と顕在意識…

とても深い学びをしています

 

 

 

 

写真は

クリスマスマーケット♪

定番のブリューワイン(ホットワイン)は

会場オリジナルのカップで提供され

ワインにはカップ代も含まれていて、お持ち帰りok

お持ち帰りしない場合は

カップを戻して返金されるシステム

 

こどもの頃

ビー玉入り瓶のラムネを買って

瓶を返したらお金が戻ってきてたのと同じ(^^)

 

 

料理は、紙皿に入れてくれるんだけど

普通のお皿とカラトリーの選択があったり

使い捨ても木製で

プラスティックが少ない心地よさ〜😊

 

【守田さんのアメリカ・ニューメキシコ訪問報告】

 

20日、京都気候マーチの前に

守田敏也さんの報告会に

すみれやさんへ

 

「今回のニューメキシコの旅、僕にとっては

「アメリカはこれほどまでに被曝していたのか」と実感する旅でした」

という守田さんの言葉

 

ニューメキシコ州といえば、私にもとても身近な場所

娘を授かり

大切な家族や友達がいて

何度となく、ネイティブアメリカンの人々の聖地を歩き

大好きな大地

 

ヒロシマ・ナガサキに投下された原爆が作られた研究所もあり

こちらで、ピースウォークに参加した時には

広島出身ということで、スピーチさせてもらったり

深いご縁のある大地

 

今回の報告会では

アメリカでの被曝や放射性廃棄物の現状

核を扱う工場での事故や被害、その後の保障

国民に知らされなかった事実

アメリカの被爆者の声や祈り・・・

などなど

( ニューメキシコに限ってではありません )

知らなかったことを、たくさん教えていただきました

自分の中で消化するには、まだ時間がかかりそうです

 

事実を知るということは

時に、心の痛みも伴います

じゃあ、見ないようにしようっ!って蓋をするのではなく

ここから未来に向かって何ができるのかを考え

行動していくことが、私たちにできることだな… と痛感します

 

福島原発の事故も

国民に事実を伝えず、責任もとらず

無罪判決で終えるのですか・・・?

 

大人たち、こんなことの繰り返しは

もうやめないとね。

ドイツとホメオパシー

 

 

ドイツ人医師により体系化されたホメオパシー

 

ドイツでは

薬局で、ホメオパシーのレメディが購入でき

身近な医療として利用されています

 

今回、参加した

こどもの発達と親御さんの支援に関する会議で出会った

数人の治療家や教師たちと

ホメオパシーによる、こども達の支援についても話しました

我が子が、ホメオパシーでとてもよくなったと

熱く語ってくれた方も

 

会議の開催場所となった

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック内にも

ホメオパシー医師のクリニックスペースがあり

保険適用でも診断が行われています

 

 

 

ホメオパシー、鍼灸、指圧、理学療法による

(数人が医師なので、西洋医学の診断も可)

ホリスティック医療クリニック

 

日本でも、実現できるといいな。。。と

声に出しておこう。 😊

 

ドイツの学校は、遊具が木製

 

 

 

常用しているオーガニックスーパーマーケット

マイバック持参で、パンやケーキなどにはビニールでなく紙袋を使用

 

 

 

 

会議の最終日

素晴らしい出逢いでした

 

こども達の健やかな育ちへの支援

親御さんへの支援

 

各国の取り組みを見聞きし

よりよくしていくために考え話し

とても豊かな三日間

日本につなげていきたいと思います

 

 

 

最終日に完成したダルマさん

私のダルマさん・・・

平らなところに置いたら、ひとり首を傾げてて・・・苦笑

 

 

 

充実のドイツ滞在

ほぼ毎日、スカイプしている娘に会いたい病で。。帰り時

明日、帰国します

 

雪のヴィースバーデンより

ドイツで会議

 

***
学校(乳幼児施設)向け ディベロプメンタル(発達)プログラム
***

会議に参加しています

 

開催場所は

プログラム創始者でもあり

日本の伝統医療をヨーロッパに普及している

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック

 

参加国は

ドイツ、スイス、イギリス、ベルギー

オランダ、オーストリア、日本

 

こども達がペアになってできる

とっても楽しく遊び感覚で行いながらも

医学的理論をベースに

発達をサポートする動きや姿勢

感覚への刺激などが濃縮され

 

国によっては

保険適用で学校へ指導に行ったり

銀行などの企業がスポンサーとなり

学校や施設で指導したりしています

 

昨日は、スイスで実践している

こどもと親御さん向けプログラムの一つ

だるまさん作りを体験しました

 

 

 

 

日本の文化が、このように

こども達のサポートプログラムに使われていること

とても感慨深いです。。

 

 

昨日のお昼ご飯のお寿司

とても美味しくて、可愛くて ❣️

 

今日は、最終日の三日目

楽しんできます!

 

◉「ディベロプメンタル(発達)プログラム」FB ページ ◉

 

 

ドイツで野外活動

フィールドアスレチックが大好きな娘

チャレンジして達成できた時の表情は

こどもも大人も、本当に美しいですね!

 

夏に訪れたドイツで

娘の一番のお気に入りの場所が、こちら

二日連続で

ハーネスつけて、本格派フィールドアスレチック

安全に、且つ、大胆に、とてもよく考えられたシステムでした

 

年齢毎に難易度が上がり

大人のは、かなり高所でかなりハードなもの

こういうの大好きな私も挑戦するつもりだったのに、、

こんな時に限って、体調を崩してしまい、、今回は断念。。

次回は、やる気マンマン!笑

 

緑つながりで、緑のおじさんとの写真も 😊

 

 

今更な写真ですが

緑恋しさに、シェアします☆

支援が必要なこども達をサポートするためのWS

こどもの発達と教育に

長年携わっている講師によるワークショップ

 

多様なワークとプレゼンテーション

みんなで考え議論する時間

参加している専門家によるプレゼンテーションと経験のシェア…

とても豊かで実践的で、楽しい学びでした

 

 

「特別支援」「障がい」などの使われる言葉について

どの立ち位置で関わっているのかによる違い

国による違い

また、どのように捉えるのか

何に対してもですが

とても大事なこと

また、様々な立場に立って想像できるか

俯瞰できるかも

大事なことですね

 

大多数の人と違うことが

支援の対象になることが多い現代

それは、言い換えると

その人の個性や才能であったりもします

 

診断名も大事な情報だけど

それが、その子ではありません

ある特定の側面からの情報にしかすぎません

 

その子の可能性に目を向ける

計り知れない人に宿る潜在力

何ができる?

どんな選択がある?

同時に、その子の苦手やパターン、個性も大切にする

 

一人ひとりに

相応しいサポートができるよう

今回の学びを自分のものにしていきたいと思います

 

ドイツ語 → 英語への同時通訳によるワークショップ

こういう機会がある度に

ホメオパシーを実践する度に

語学力をもっと上げたい、、と

モチベーションの炎が燃えるのです、、笑

 

 

トーマス小児科医とカリン小児理学療法士のクリニックがある

街並み

 

ドイツに来ています!

初めてのドイツ

会議に参加しています

 

「学校(乳幼児施設)向け ディベロプメンタル(発達)プログラム」の会議と

WSに参加を目的に

 

会議には

ドイツ、スイス、オーストリア、アメリカからの代表者が集い

各国の状況報告や情報交換

コミュニティとの再会など

素晴らしい出逢いに恵まれています

 

開催場所は、創始者である

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック

 

 

 

 

 

こどもたちが自由に動き、裸足で歩き・・と

素晴らしい施設とデザインのクリニック

念願叶って

初めての訪問に感動です、、❤

 

「学校向け ディベロプメンタル(発達)プログラム」とは

こどもたち同士、親子で… 行う

ペアでのタッチケア(指圧)です

 

こどもたちが遊び感覚ででき

加えて、発達をサポートするようになっており

こどもも大人も

自然と笑顔になってしまうプログラム 😀

 

日本では、昨年

寝屋川市の豊野保育園 で、初めて開催

親子で行い

それはそれは楽しい時間でした!

 

今後は、更に、導入していけたらと思っています

興味のある施設や学校がありましたら

是非、ご連絡ください!

 

そして、なんと、、こちらのプログラム

オーストリアでは

保険で指導を受けることができるのです ‼

いい刺激をたくさんいただいてます

 

ランチは

ドイツで初めてのお寿司!

日本人もうっとりの味(笑)でした

 

昨日と今日は

「支援が必要なこども達をサポートするためのワークショップ」に参加

また報告しますー!