アーカイブ

支援が必要なこども達をサポートするためのWS

こどもの発達と教育に

長年携わっている講師によるワークショップ

 

多様なワークとプレゼンテーション

みんなで考え議論する時間

参加している専門家によるプレゼンテーションと経験のシェア…

とても豊かで実践的で、楽しい学びでした

 

 

「特別支援」「障がい」などの使われる言葉について

どの立ち位置で関わっているのかによる違い

国による違い

また、どのように捉えるのか

何に対してもですが

とても大事なこと

また、様々な立場に立って想像できるか

俯瞰できるかも

大事なことですね

 

大多数の人と違うことが

支援の対象になることが多い現代

それは、言い換えると

その人の個性や才能であったりもします

 

診断名も大事な情報だけど

それが、その子ではありません

ある特定の側面からの情報にしかすぎません

 

その子の可能性に目を向ける

計り知れない人に宿る潜在力

何ができる?

どんな選択がある?

同時に、その子の苦手やパターン、個性も大切にする

 

一人ひとりに

相応しいサポートができるよう

今回の学びを自分のものにしていきたいと思います

 

ドイツ語 → 英語への同時通訳によるワークショップ

こういう機会がある度に

ホメオパシーを実践する度に

語学力をもっと上げたい、、と

モチベーションの炎が燃えるのです、、笑

 

 

トーマス小児科医とカリン小児理学療法士のクリニックがある

街並み

 

広告

ドイツに来ています!

初めてのドイツ

会議に参加しています

 

「学校(乳幼児施設)向け ディベロプメンタル(発達)プログラム」の会議と

WSに参加を目的に

 

会議には

ドイツ、スイス、オーストリア、アメリカからの代表者が集い

各国の状況報告や情報交換

コミュニティとの再会など

素晴らしい出逢いに恵まれています

 

開催場所は、創始者である

カリン小児理学療法士とトーマス小児科医のクリニック

 

 

 

 

 

こどもたちが自由に動き、裸足で歩き・・と

素晴らしい施設とデザインのクリニック

念願叶って

初めての訪問に感動です、、❤

 

「学校向け ディベロプメンタル(発達)プログラム」とは

こどもたち同士、親子で… 行う

ペアでのタッチケア(指圧)です

 

こどもたちが遊び感覚ででき

加えて、発達をサポートするようになっており

こどもも大人も

自然と笑顔になってしまうプログラム 😀

 

日本では、昨年

寝屋川市の豊野保育園 で、初めて開催

親子で行い

それはそれは楽しい時間でした!

 

今後は、更に、導入していけたらと思っています

興味のある施設や学校がありましたら

是非、ご連絡ください!

 

そして、なんと、、こちらのプログラム

オーストリアでは

保険で指導を受けることができるのです ‼

いい刺激をたくさんいただいてます

 

ランチは

ドイツで初めてのお寿司!

日本人もうっとりの味(笑)でした

 

昨日と今日は

「支援が必要なこども達をサポートするためのワークショップ」に参加

また報告しますー!