アーカイブ

赤ちゃんに 自然でふさわしい姿勢や動き

カリン・カルバントナ-ヴェルニッケ小児理学療法士と

トーマス・ヴェルニッケ 小児科医のもとへ

 

母と赤ちゃんの教室でおなじみ

「ディベロプメンタル(発達)プログラム」の創始者でもあり

世界中で、小児医療や発達について指導している専門家です

 

 

お二人の多数の出版本

 

最新の医学的エビデンスを見ながら

新生児や歩き始めるまでの赤ちゃんにとって

自然でふさわしい日常の姿勢や動き・ハンドリング(抱っこなど)

について話してきました

疑問を抱いていたことへの医学的根拠もわかり、スッキリ 😊

また、教室でお伝えしていきますね!

 

◉母と赤ちゃんのためのDP教室

2月は、鍼灸・指圧 心耳庵(京都上賀茂)さんで

3 & 5月は、Chieriya さんで開催します

6月以降は、心耳庵さんです

 

広告

向精神薬について

 

日本は

向精神薬の世界第三のマーケット

 

小倉謙さんのFacebook より

 

ーーー 以下、投稿より ーーー
(日本の担当者に)
発達障害(ADHD)に関する質問が以下の通りなされました。
① ADHDシンドロームの問題がある。
② ADHDと診断されている子どもが増加している。
③ 健康に良くない向精神薬の処方が増えている。
④ 日本は向精神薬の世界第三位のマーケットになっている。
⑤ ADHDをもつ子に対する診断が適切に行われているのか?
⑥ 向精神薬が処方が本当に必要なのか。
⑦ 向精神薬を使うことが悪いということは親は知っているのか?
⑧ 代替策はないのか?

かなり突っ込んだ内容ですし、特筆すべきは「向精神薬が悪いものである」という前提に立った質問がなされたことです。向精神薬に対する国連の委員の認識が示されたのです。

ーーー ここまで ーーー

 

向精神薬ではない代替策は

色々あります

 

ふさわしい食事や生活リズムなども

日常で、できること

 

今、ドイツに来ています

学校や施設のための「ディベロプメンタル(発達)プログラム」会議にも出席します

 

ホメオパシーを学んだ動機の一つも

こども達への選択肢の一つとなればとの想いから 😊

他にも様々なアプローチ、ありますね

 

ドイツも

日本と同じく暖冬のようであたたかいです

(と投稿して屋外に出たら、思った以上に凍えました。。😅)

お母さんはホームドクター講座

 

皮膚とスキンケア」

 

皮膚の役割や構造から始まり

お家でできるスキンケア

足し算ではない引き算のスキンケア

症状別の自然療法

日々の選択や環境への責任

皮膚とココロ

お母さんの「いのち全体」をみる視線などなど・・

お話させていただきました 😊

 

 

<感想より>

・スキンケアについて乳児湿疹が出てからずっと悩んできたことなので、今回参加できて新たな視点を得ることができてよかった

・とても勉強になった。使っているボディソープやクリームなどを見直そうと思う

・試してみたい自然療法がたくさんあった。次に症状が出るのが楽しみ。最近、静電気が出なくなった理由がわかって面白かった

・知らないことがたくさんで、参加できてよかった

・改めて、意識をリセットすることができた

・私自身、肌が弱いので勉強になった

・いつも情報がたくさんで勉強になる。とても安心できる

 

********

 

 

<主催の tane.to.me さんの言葉より>

5時間くらいの内容を2時間に詰め込んでくれた

パワフルな内容でした。


みきさんの話を聞きながら、

講座は皮膚の症状やお手当なんだけど。

「あなたは、どんな世界で生きていきたいですか?」

そう聞かれているようでした。

勝手に不要と決めて(例えば菌)、排除する。

本当は不要なものなんて何もなかったのに。

いるものと要らないものがある世界と、

全てあってそれでOKな世界。

どっちにしても、生きていく力は、誰かにはもらえない。

自分で養う、

それが養生。そこでいのちが輝く。

そして、

私たちにはその力がある。

誰にでも、必ず

私たちのチョイス一つずつが、

形を作り、

いのちにつながる。

怖さや大げささではなく、

怖さや大げささではなく、

輝きを感じたい。

 

********

 

みなさんの心に響く言葉。。。

 

ご参加のみなさん、こども達

tane.to.me.さん

いい氣に溢れる きさいち邸 産巣日 -むすび- さん

ありがとうございました♡

 

次回は、2月12日(火)

「東洋と西洋の医療からみた アレルギー症状」です!

母と子の クラシカルホメオパシー講座

京田辺市の仲良し母と子の皆さんと

シリーズ 2回目の今日は

「風邪の時」について

 

レメディのお話に入る前に

風邪とは?

お家でできるケアとは?など

ホームドクターとしての腕を磨きます

そして、ホメオパシーの健康観などの復習をして

本題に・・

 

例題を交えながらのレメディ学習

参加者の方の

先日あったこんなことが

まさに、今日のレメディ学習にぴったりの症例だったり

お陰様で、レメディ学習も深まりました

 

<感想より>

・色々なお話が聞けて勉強になった

・興味深かった

・学びの多い講座だった

・実際に娘に起こった症状を皆で考えて、レメディについて気づいたことで、自分の生活の中により入ってきたような気がする

 

 

 

専属シェフの 😋 お昼ご飯は

炒り玄米のおかゆさんと

ローフードのビビンバ

初めてのロービビンバ、とっても美味しかったです♪

手作り門松にもうっとり。。

 

 

ご参加のみなさん、こどもたち

ありがとうございました♡

 

次回も楽しみです〜!

 

 

【募集】2月「母と赤ちゃんのディベロプメンタル(発達)プログラム 教室」

 

静かに降る雪に目を奪われる

今朝の京都です

 

DP(ディベロプメンタル(発達)プログラム)教室は

東洋の経絡理論と西洋の発達理論が融合した発達プログラムです

発達というと特別なものに聞こえるかもしれませんが

すべてのお母さんと赤ちゃんに楽しんでもらえる

とってもアットホームな教室です 😊

 

お母さんが我が子にするタッチの習得と

それに加えて

こどものココロとカラダの発達についてのお話や

発達心理学の視点からのヒント

お母さんがお家でできる簡単なセルフケア・・・など

毎回、豊かな時間

また、同じ年頃のお子さんをもつお母さん同士の出逢いも

とてもステキです

 

<参加された方の感想より>

・こどもと過ごす時間が増えた

・こどものことを「大丈夫」と思えるようになった

・発達について知ることで、こどもの成長を感じられたり、成長の速さではなく過程を楽しむことの大切さを知った

・何より子どもを信頼すること。今の子どもの姿を大切にすること。そして、子どもの居心地のいい空間を作るには、母がまず心地よくあること、などとても私の中に入ってきた

 

開催場所は、とっても心地のいい

鍼灸・指圧 心耳庵(京都上賀茂)さん

 

2月教室、募集しています

ご参加お待ちしています♡

 

詳しくはこ、こちら

 

 

【お母さんはホームドクター講座】お知らせ

 

***
皮膚とスキンケア
***

 

1月15日(火)

tano.to.me さん主催で、お話させていただきます

 

以下のような内容です

・皮膚について
・皮膚と症状
・皮膚と腸
・皮膚の構造と機能
・バリア機能・常在菌
・皮膚と炎症
・湿疹・蕁麻疹・あせも・おむつかぶれ・虫さされなど
・日焼け対策
・スキンケア
・皮膚への自然療法
・経皮毒
・皮膚とココロ
・皮膚のホームドクター
など

 

<主催の tane.to.me さんより>

自分のことを、家族の事を、他の人任せにしない。

みんなの力を借りながら、お医者さんの力も借りながら、

自分で智慧をつけていく。

それが、ホームドクターって事なんだって。

それって、生きる力を養う事なんだって。

 

みきさんの講座は、優しさで溢れています。

講座の終わりに、

前よりも自分の感性への信頼が育っていたり、

方向性が感じられたり、

楽になった感覚があるかも。

これは、なんとも不思議な「世界と、自分と繋がってる」感じなんです

 

場所は、楽園のような 😊

きさいち邸 産巣日-むすび-さん

お会いできる皆さん、楽しみにしています♡

残席あります。ご参加お待ちしています☆

 

おかげさまです

 

久しぶりに京都で迎えるグレゴリオ暦のお正月

今年の和暦の元旦(旧正月)は、2月5日です

 

新たに始まる講座の資料作りや溜まってるパソコン仕事で篭れる日々でした

贅沢な時間。。

時に、川や山へ♪

 

 

 

2019年は

ホメオパシーの活動が増えていきます

講座の予定も続き

とてもありがたく、開催の依頼もいただいています m(_ _)m

 

それで、少しホメオパシーについて

私が、ホメオパシーの専門コースに入学したのは・・

こどもたちの健やかな育ちを願い

東洋医学と自然療法をベースに活動してきた中で

こどもたち、これからお子さんを授かる未妊さんたちに

ホメオパシーが選択肢としてあるといいなと思い

学び始めました

(実際は、もっと激しい感じですが・・笑)

学び始めると

素晴らしい多様な臨床結果に感動と驚きの連続です

 

ホメオパシーの個人セッションや講座でも

レメディを提案することが第一優先ではなく

まずは、お家でできることを前提としてお話します

例えば

・冷えと乾燥に気をつける

・暴飲暴食をしない

・よく噛んで食べる

・ふさわしい生活リズム・食事

・しっかり排泄する

・カラダを動かす

・深い、いい呼吸をする

・楽しく過ごす、笑う

・しっかり眠る(冬の養生の一つは早寝遅起、早く寝て遅く起きる)

・特に、歩き始めるまでのお子さんは、お子さんの成長発達にふさわしい環境づくり

(大人にとっての便利グッズは基本必要ないです!抱っこしていないと泣くというのは普段の姿勢などからくるのかもしれません)

 

これらの暮らし・養生に気をつけてもらい

それでも、自分のチカラだけでは回復しづらい時、サポートが必要な時は

ホメオパシーや他療法の出番だと思っています

 

まずは、お家での 丁寧で楽しい暮らし

そして、何よりも大切なのは、お母さん(お父さん・家族)が

心地よく暮らしているか・・

 

お子さんの発達や様子についての相談もいただきます

まずは、上記したような暮らし・養生を参考にしていただく

そして、お家の中に笑いやゆるむ風が吹いているか

吹いていなければ、どうしてなのかな、、をみていただく

そうしてみたけど・みたいけど、サポートが必要な時は

どうぞご相談ください

そのためにホメオパスになりました! 😊

 

ホメオパシーの個人セッションは

赤ちゃん&お子さん(発達とこころの相談なども)

赤ちゃん&お子さんと母親・ご家族

未妊さん

を主とさせていただいてます

 

歩き始めるまでの赤ちゃんの健やかな成長発達を願うお母さんは

「母と赤ちゃんのディベロプメンタル(発達)プログラム教室」

にお越しください!

日々、赤ちゃんが過ごす姿勢や場所

お母さんのこころもちなど

環境が大きく影響するお年頃です◯

 

 

年末年始

みなさんのおかげさま・・ということを感じる日々

 

2019年もどうぞよろしくお願いいたします

 

みき拝