アーカイブ

センサリーアウェアネスWS レポート

DSC02190

11月1〜3日 センサリーアウェアネス ワークショップ

昨年に引き続き、事務局として参加してきました😊

こちら、センサリーアウェアネス・ジャパンHP

 

周産期心理学&セラピー イントロダクション ワークショップと同じく

講師は、ジュディス博士

20年以上、毎年、こちらのワークで来日しています

 

今年の会場は、関西セミナーハウス

緑に囲まれた静寂の中

鳥たちの声が響きます〜🐧

 

私の中に起こる経験、感覚に

注意を向けていくワーク

 

忙しい現代は

時間に添ってのスケジュールに合わせ

自分の感覚時計からは遠ざかりがち

育児真っ最中の私なんて、その代表😁

足早に、慌ただしく日々を過ごしてるーーー💦

でも、この3日間は、自分の感覚を大切に

感覚に気づけた日々でした

子どもたちがするように動き、嗅ぎ、呼吸して

野生的な感覚も蘇ってきたし…😝

すばらしかった。。

 

「感覚」がキーワードなこの頃

周産期心理学や原始感覚の学びを通しても

子ども達へのセッションでも

感覚がとても重要で、意味深いことを実感しています

 

センサリーアウェアネスは

その名の通り

感覚への気づき

感覚に注意を向け

それを、言語化していきます

 

それは

自分自身を知ること

他者を知ること

世界を知ること

でもあります

 

自分の感覚に気づき

それに添って、考え行動する

まさに、本来の人間そのものです

なので、ジュディス博士がいつも言う

「私たちの師は、子ども達」

感じたままに生きてる見本です

 

ワークの後に、帰宅すると慌ただしい日常…となりそうだけど

意識して、感覚を大切に日々を過ごそうと思うのです

 

ワークショップ中、ソラちゃんや家族にも協力してもらいました💗

広島から姉が来てくれ

ワークショップ三昧の私に代わって

ソラちゃんと遊び三昧

水族館

御所の公開

キッズカフェなどなど

もりもり沢山の2人

DSC02183

こちら、写真撮影中のソラちゃんと姉(笑)

家族の協力には、いつも感謝なのです

 

センサリーアウェアネス ワークショップ

来年も開催されます

興味がある方は、お尋ね下さいね☆

 

広告