アーカイブ

【広島に帰省しています】

 

初日の晩

肩が凝ったという母に

久しぶりの施術をしようと思った矢先

母が倒れて・・

気を失った母の頭を支えれて

一旦は中止を考えた帰省

帰ってきて、ほんとよかった・・

 

私たちが帰省してなければ

違った流れかもしれないけども…

母も、私たちがいる時でよかった・・と

 

翌日、母に付き添って病院へ

待ち時間中

救急の患者さんがあったり

母の点滴が済むのを待ったりの長い時間

クリニックの受付の方の対応がとても心地よくて

いいクリニックだな〜と思う

 

病院からのお薬と

ホメオパシーのレメディと

娘のお笑い劇場で 😊

回復中の母

 

たくさん仕事を持ち帰ったけれど

母との時間のギフトかな

 

追記: 順調に回復しています。ご心配ありがとうございます。

【立秋】

 

暦の上では

今日から秋が立ちます

 

暑さのピークの頃

 

ここから、少しづつ、暑さが落ち着いてくる通過点

梅雨明けが遅かった今年は

どんな暑さの経過となるでしょうね

 

長雨の後の蝉の元気な声

いのちを全うする姿に

こちらが、元気をもらいます

 

暑い最中

どうぞご自愛ください

【ヒロシマに生まれて】

 

原爆投下から、75年目の今日

学生の頃は、必ず、この日は、全校登校日

黙祷の後は平和教育

何度、あの、キノコ雲の映像を観たのだろう

 

私が、初めて観た映画は、保育園で

「ネコは生きている」という

原爆投下で、ネコをかばって人間は死に

タイトル通り、ネコだけが生き延びるという映画だった

この映像は、今でも脳裏に焼き付いている

 

育った島には、当時、まだ、防空壕があった

その防空壕は、とても大きくて、トンネルのようで

暗い奥に、白いものがコロンと転がっていて

姉たちと、あれは、きっと白骨化したんだよと話してた

防空壕の前を通るたびに

逃げ入る人々を想像して怖かったのを覚えている

お婆ちゃんに、防空頭巾を見せてもらったことも微かな記憶にある

 

小学生の中学年頃までは

飛行機の音がすると、原爆を落とされるのでは、、と

家に、走って入る子どもだった

 

そして、大きくなり、これまで受けてきた教育が

一方向のものだったことに気づいた

それは、いいとか悪いとかではなく

そういうものだったということに、気がついた

どの視点で、どの場面を強調して、どのように教育するかで

当然ながら、学ぶことは大きく異なる

 

海外で、外国人の友達から、日本はひどい加害者だったと非難された

「日本人と友達になるとは思わなかった」と、仲良くなった友達から言われた

中国を旅した時のバスで、中国人と日本人が

日本の過去に触れたことがきっかけで喧嘩になり

中国語で喧嘩する二人を横に

オロオロしながらただ傍にいることしかできなかった

日本は、過去から学ばない国だとも聞いた

 

海外へ行くと、自分の世界や思い込みを

思いもよらない形でバッサリ切り取られる

本当にありがたいことだ

 

カナダとアメリカを、バスで横断した時

若い女子(当時は:笑)が、ひとりで旅してると

沢山の地元の人々に声をかけられる

 

一言めか二言めかは、大抵、「どこから来たの?」と

最初に横断したカナダでは、さらっと流れる会話だったのが

アメリカに入った途端、私が、広島出身であることを伝えると

本当に多くの人が、家族は大丈夫だったか、今は家族はどうしてるのか、

申し訳ない気持ちだ・・などと言われた

思いもよらなかった人々からの声に、とてもびっくりした

また、やさしさが嬉しかった

同時に、原爆投下の正当性を主張する人々にも会ったり

日本が他国にした残虐な出来事も教えられた

 

すべて、その人にとっての真実である

被害者と加害者という視点でみれば

歴史の中でも、日常の出来事の中でも

私たちは、どちらにもなり得る可能性に溢れている

 

二度と過ちを繰り返さないよう

歴史から学びたいと思う

 

私が学生の頃は、広島市内に行くと

原爆にあわれたというのが、明らかにわかる方達もまだ多くおられた

手や脚のない方、ケロイド状の皮膚の方、、

 

私が高校の時、書道の先生は、顔半分(半身)の皮膚が

ケロイド状の方だった

先生は、私の字を、朱ペンでたっぷりと訂正する

 

「先生、私の字はダメですか?

みんなが先生の字の様に書かなくてもいいと思うんですけど〜

私の字を書けばいいんじゃないですか〜」なんて

生意気なことを言っていた(苦笑)

 

先生は、クスリと笑って

でも、顔が、ケロイドでひきつってられるので

笑ってるんだけど、悲しんでるようにも見える先生の笑顔

その、先生の笑顔を見るのが、とても好きだった

だから、毎回、生意気なことを言って

先生にクスリと笑ってもらうのを待っていた

 

一年間、週に一度しか会ってない先生だけど

一番、心に残っている先生の一人だ

そして、卒業して、先生は、平和活動家として有名な方だと聞いた

もっと、先生に、いろんな話を聞いておきたかった

先生だけでなく、祖父母や多くの方達にも

 

おばあちゃんやおじいちゃん、語り部さんからの言葉

「戦争は、絶対、繰り返したらいけんけぇね」

「あんな惨いことは、わしらだけで、十分じゃけんねぇ」

「平和な日常が、一番ええのぉ」

これらの言葉が、体中に沁み入る

 

広島に生まれて

今日は、とても、特別な日だ

私の真実として

あってはならない原爆が投下された日

そして、続く、長崎の原爆投下日、終戦日

暑い、暑すぎる夏だったという

 

地球人としての

平和への祈りとともに

 

合掌

【こどもの免疫力とワクチンとホメオパシー】 

 

【こどもの免疫力とワクチンとホメオパシー】〜感染症がはやる季節の前に〜

詳しくは、こちら

 

会場参加の残席が少なくなってきています!

ご希望の方は、お早めのお申込みを!

(オンライン参加は余裕あります)

 

秋冬は、感染症の季節とも言われますね

また、現在のコロナ渦で、お家でできる予防対策や

免疫力を上げる暮らしへの意識が高まっています

 

こどもの免疫力について(もちろん大人にも適用します)、

本来の予防について考える機会に

また、新型コロナワクチンやお薬の開発が進む中

どんな状況や選択が未来にやってくるのかなという現状

ワクチンのことを知り、考える機会に

そして、お家でできる対策として、

ホメオパシーによる感染症対策を知る機会にも

 

みんなで、知り、考え、共有して

自分軸を育て、未来を創造していく機会に

なることを想像しています(^-^)

 

以前から温めていた

クラシカルホメオパシー京都 (The School of Classical Homeopathy in Kyoto) 

学長の荻野哲

也先生とのコラボ講座

私も、こちらの学校を卒業しました

 

荻野先生は、ご自身の体験より

ホメオパシーを広げることをミッションに、学校を創立され

ホメオパシー道を真摯に歩まれています

私が体調を崩した時

人生経験豊富でハートフルな先生からの言葉に

とても助けられたことがあります

 

荻野先生のオモシロトークも、お見逃しなく!

 

ご参加お待ちしています😊

【夏至】

 

陰と陽のめぐり

 

太極図のこの辺りだな、、と

すぐに浮かんでしまう私(笑)😊

 

今日は、心で

陰と陽のめぐりを感じよう

 

京都に鴨川があってよかった。。

と、歩くたびに、自転車で疾走するたびに、ピクニックするたびに思う

 

「一粒万倍日」の昨夕のお散歩も

 

嬉しい再会や、一生懸命スケボ練習する若者や

可愛いカップルが微笑ましかったり

一人佇むおばあちゃんが素敵だったり

おじいちゃんのハーモニカが心に響いたり・・

 

人生の一瞬が交わる鴨川ドラマ💕

 

【感染症と養生とホメオパシー】&【日光浴・ビタミンD】

 

先日、お話会を開催

広島、大阪、京都の三都市からのご参加

遠方の方や、私の家族の参加もあり

オンラインのお陰さま

 

その中でもお話した

誰でもできる、とっても効果的な養生【日光浴】

感染症予防にもオススメなのは

随分と有名になってきた感じはあるけど

在宅時間が増えて、なかなかできないという声も多いですね

 

免疫とも深く関わるビタミンD

炎症を抑える働きがあることなどもわかっています

他にも多様な作用があり

今回の新型コロナ感染症の治療として、

ビタミンD投与をしている国や医療機関もあるほど

 

このビタミンD

なんと!紫外線にあたると皮膚で作られる

自己合成できるのです!

食事などからも取り入れることもできるけど

紫外線にあたると作られるって、めっちゃお得(笑)

窓越しの太陽ではダメなので、直接、あたっちゃってください

そして、時には、裸足で土を歩くアーシング

パソコンやスマホの使用が長くなるほどオススメ

鴨川で裸足で歩くおばちゃんがいたら私です(笑)

 

太陽にあたり

土や水、風や木…自然に抱かれ、自然の一部であること

生かされていることを体感すると

感謝の心に満たされます…

自然とともにある暮らしは、心身の免役力upにもなるし

自分自身やお子さん、家族への、大丈夫!という信頼に

つながるように感じます

また、他者とともに生きる自分自身も大切に&トキメキを

 

数回に渡り開催しましたお話会

参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました!

 

日日是好日◯

【こどもたちの声】

 

保育園や幼稚園、学校も

来月から、段階的に始まるのを目前に

 

こどもたちの怪我の相談が

続いておりまーす

 

そんな時、高山植物からできているレメディ Arn. が

いい仕事をしてくれてます

(全ての怪我にArn. ではないですよ。念のため)

 

怪我や症状も、こどもたちの声

 

暦の上では、循環の季節・夏

エネルギーも循環したい時

なかなか、それもできづらかった数ヶ月

これから、ぐんぐん動いていけるかな〜

 

先日お話したお母さんが

息子さんの体力が、この数ヶ月で落ちてる…と心配そうに

大丈夫!

こどもの生命力はすごいから

 

夜ご飯の後、我が家の娘が

学校に行きたい!友達に会いたい!と

そうだよね、そうだよね、、

 

同時に、学校がお休みで

活き活きしているこどもたちもたくさんいるね

 

それぞれの変化が蠢き始める6月

大人も親も、予定も気持ちも落ち着かないこともあるし

ましてや、こどもたちも

 

こどもたちの多様な声

聴こえる余裕をもっていたいですね

 

心と体が健やかに朗らかに

変化の時にも、ありますように

【種苗法】

 

日本の農や種、食を守る法律

改正案が、連休明けに審議に入ります!

 

種を守り育てる農家さんたちと十分な議論もなく

農家さんや私たちの暮らしや食にも大きく影響する法律のこと

 

海外で、モンサント社から種を購入していた

ある農家さんの苦悩を聞きました

種を買うために、農業をしているようなものだと…

 

知らない間に決まってた

なんてことのないように

新型コロナ感染症に加えて

こちらにも心を向けていきましょうね◯