【動く瞑想】

 

日本旅行に来ているイギリス人指圧師に

「経絡指圧」をさせていただきました

海外でも、 SHIATSU は有名です

 

昨日、ホメオパシー講座の会場である六甲のアルベルト治療院さんで

アルベルトさんの

ブラジルでの鍼灸治療の素晴らしい活動をお聞きしたり

小児はりのお話をしたことに続き

今日も東洋医学の風に吹かれています

 

経絡指圧?と思う方も多いかもだけど

指圧の世界では、よく知られてるはず?!

 

今日も、彼女から

「何スタイル?」と聞かれ

「増永スタイル」と応えると

「同じね!」と

指圧師らしい(笑)会話からスタート

 

最近は、ホメオパシーのセッションや講座で

お話しすることが中心なので

カラダとの対話の貴重なひとときでした

 

カラダの声を聴く

触った時の感じや反応

息遣い

エネルギー

などなど感じながら・・・カラダとの対話

気持ちのいい一体感

私にとっては、動く瞑想タイム

 

初対面の彼女は

私よりも若く見えて

年齢を聞いてびっくり!

10歳ほど、年上でして・・

アジア人が若く見えると言うけれど、何事も例外あるしね(笑)

とっても素敵な出逢いでした

 

以前、アメリカの専門学校で

経絡指圧を教えていた時にも実感したこと

西洋人が、指圧を学ぶのに、何が一番大変かというと・・

膝をつけたり

足首を曲げて施術する姿勢

 

うんこちゃん座りができるのは

羨望の眼差しで

「アジアンスペシャル」と呼ばれます(笑)

でも、これも、いつまで言われることか・・

和式トイレを使えない子ども達が増えてるものね、、

 

東洋の風にちなんで

写真は、東本願寺の正門

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中