【母と子のクラシカルホメオパシー講座】

六甲で、りかさん主催で開催しました!

 

シリーズ2回目は、「風邪の時」について

ホメオパシーの世界観

レメディについて・・・

深めていきました

 

また、みなさんとのシェアタイムに

前回の講座からこの日までにレメディを使った方には

その体験談をお話ししてもらうと

春で色んな始まりの頃、長期連休などのタイミングもあり

殆どの方が使われる機会があり

聞く側も、参考になる〜!と

質問も飛び交いながら、濃い体験談となりました 😊

 

参加者全員

「お母さんはホームドクター講座」も受講してくださってて

レメディと自然療法(里芋湿布など)を巧みに使われ

お話を聞いていると、まるで

レメディと自然療法の共演というか

魔法使いというか(笑)

 

その時々に合わせての

ホームドクターのみなさんの智慧が詰まってて

このような実践の積み重ねが

数千年、数百年と、根付く医療や療法を形作ってきたんだろうな、、と

ほんと、感動しました。。

 

そして、一緒に過ごす時間も長くなったみなさんの

息のあった掛け合いや

とても優しい眼差しと空気感 ❤️

 

また、症状に目がいきすぎて

レメディや自然療法の選択が混乱しそうな時は

一旦、そこから離れる

最も大事な、全体像をみる

というところに立ち戻ります

 

キラキラと楽しそうに話してくださったみなさんの表情が

ずっと残っている数日なのよ。。

 

講座をさせていただいている、六甲の

◉アルベルト治療院さん◉

鍼灸や小児はり治療、よもぎ蒸しなどされています

 

アルベルトさんは

ブラジルでも、鍼灸や小児はり治療、他活動もされ

講座前に、先日、行かれたブラジルでの

セミナーや活動のお話を伺いました

また、治療の指導や普及に加え

非行少年たちに鍼灸治療を教える学校づくりもされていて

子ども達に

武器ではなく鍼灸を。笑顔を。と話して下さいます

素晴らしい活動に、私もたくさんの愛と元気をもらいます

 

ブラジルで

多様な医療関係者がチームになって意見交換されたお話を聞き

私も、いつか

小児医療を、チームを組んでできることを想像しているので

心が熱くなります

その実現に向けて、使ってもいいという場所があれば

教えて下さい 🙇

(なかなか場所が見つからないので、投稿しちゃいます)笑

 

ご参加のみなさん、りかさん

アルベルトさん

いつも美味しいお弁当 ルリカケスさん

ありがとうございました💕

 

次回も、体験談も楽しみに。。。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中