アーカイブ | 4月 2019

【いのちの旬】

 

この時期だけの

毎年楽しみにしている

ありがたすぎる

無農薬いちごさん食べ放題 💕

 

80代のおじいちゃんが

大切に育てるいちごは

いのちの強さと共に香りも強く

家中が、いちご香に包まれます

 

しあわせ。。。

 

 

広告

【神様からの伝言】

小2の娘との、先日の会話

 

娘のお友達から

娘が元気なこと、病院に行かないことから

「ソラちゃんは元気でいいな〜」と言われる!と話してくれ

私は、「ほんま。元気やな〜」と応えると

 

娘が、私に

「ソラが、元気なのは、なんでか知ってる?

神様が、ママに、こういう仕事(私の仕事)をして

ソラちゃんを元気にしてあげてって、ママに言ってん」って(笑)

 

私が、選んだと思ってたお仕事(ライフワーク)は

実は、娘のために、神様から伝言されたものだったとは・・笑

 

でも、妙に、納得。。

というのも、東洋医学をベースに施術を生業にしていたのを

娘の誕生をきっかけに

養生やセルフケア

そして、自分のカラダは自分で守る・養うということを

主にしていくようになり

 

自分自身で元気になっていく

何かあった時も、できるだけ自分で、自然な方法で

対応できる智慧を身につけていくということも

みなさんと共有させてもらうようになり

 

同時に、それは、自分や家族の健康だけのことではなく

まわりの環境や大自然

つながるいのちの健康・共存ということを願い、行動する

ということでもある

 

そして、それらを目指し、実践している

ステキな仲間達にたくさん出逢わせてもらっています

 

また、ここで言う「自分」とは

ひとりで頑張るのではなく

助け、助けられてのお互いさまで

智慧と愛の循環の中に在る

生かされる尊い「いのち」そのもの

 

娘との、この会話の翌日

遊具で頭を打って出血し

遊んでる間は忘れてたけど、帰宅して血を見て思い出し

全身で号泣する娘

 

神様からの伝言通り(笑)

水で洗い

ビワの葉エキスをシュッと

レメディのArn.(アルニカ)を一つのんで

愉気しながら眠り

すっかり元気にいい経過をしました 💕

【妊婦教室】

昨日の「ベビママ教室」に続いて、今日は

海(まある)助産院 宮川友美さんとの「妊婦さん教室」

開催場所は、美味しい香りいっぱいの アペリラさん

 

元気な妊婦さんが来てくださり

感性豊かで、安定感に満たされています

 

バースプランの話から始まり

望まれているお産やサポート

そのサポートしてくれる医療従事者へ伝えたいことや伝え方

母乳育児におっぱいケア

今、準備できること・・などなど

 

お産が間近だからこそ必要となる

的確で、且つ、安心できる友美さんの言葉

お腹を触ってお話する二人の姿が、とても美しくて ❤️

 

妊婦さん教室

お産の前まで働く妊婦さんが増えて

平日だと参加しづらいのかなとも思うのですが

なかなか、妊婦さんへの教室の案内も届いておらず…

必要な方に、この教室の存在が届くといいなーと心を込めて

興味がありそうな方にご紹介いただけるとありがたいです

よろしくお願いします!

 

妊婦さん&ベビママ教室の詳細は

こちら

 

次回の教室は

「妊婦さん教室」:6/20(木)

「ベビママ教室」:6/21(金)

 

ご参加お待ちしています!

 

【ベビママ教室】

昨日は

海(まある)助産院 宮川友美さんとの教室

5組のベビちゃんとママさんが集まってくださいました

 

月齢が2ヶ月から5ヶ月と

生まれて間もない赤ちゃんたちが勢ぞろい

今日の教室が、母子にとって

初めての大勢の場所へのお出かけの方も

その初挑戦に選んでいただき感謝です

 

 

 

小さな赤ちゃんたちの

ひとりひとりの個性の光が

輝いていました

 

日々の抱っこや寝かしつけ

泣いた時の対応

離乳食やスキンケア

カラダの発達・・・などなど

どうしたらいいんだろう?

と思ってることを、たくさん聞かせていただきました

 

「我が子を泣かせてしまう」と

思っていたママさんは

集まった赤ちゃんも、よく泣いてるんだ

ということ知ってもらうことで安らぎになり

 

離乳食や発達は早い方がいいと思っていたママさんには

赤ちゃんそれぞれのタイミングがあるんだということを理解され

こども目線でみていきますと安心されたり

 

みなさんの我が子を想う深い優しさに触れる

教室でした

 

今日は、「妊婦さん教室」

まだ参加いただけますー

妊婦さん、よろしければ◯

 

【始まりの頃】

 

進学・進級がスタートして

体調を崩されるお子さんの

急性症状の相談が続いてます

 

うちの子大丈夫かしら・・と看病や心配される

お母さんやお父さんが、一番お疲れだったり、、

お母さん&お父さんも、大丈夫でしょうか?

 

お子さんの急な体調の変化の状態を

メールやお電話でお聞きしながら、感じ、問診し

ホメオパシーでのサポートを希望する方には

レメディの提案を

私にできることでサポートさせていただきながら

こどもの、ストレートに

身体症状で出せる生命力の素直さを感じます

 

レメディやお手当などによるサポートのベースに

ママ&パパさんがされている

環境の変化に対峙しているお子さんが

家に帰ってほっこりできるよう

ぼーっとできるよう(宿題、宿題はなしね ❤︎

ぎゅーっとしてあげて・・・の日常が

心あたたまります

 

そして

お母さんもお父さんも頑張りすぎないで

笑いの余裕もあって

元気になったら

みんなで、枕投げでもできるような(今時しない?!)笑

まわりにもいっぱい手伝ってもらえるような

そんな日もあって欲しいなーと思います

 

そして、こういう時こそ

症状だけではなく

こども全体、いのち全体に目を向けて

 

手を抜けるところは手を抜いて

これは、私の常套句(笑)

 

 

春の養生は

「氣」が上がりすぎないように

腹で笑う、裸足で歩く、深呼吸をする、頭と目を休める

感性を開く、山菜をいただく、野生に還る・・・

私も、野生児に戻ろう(笑)

【発達障がいと腸内細菌】

 

腸内細菌が

私たちの健康や免疫のキーであることがよく知られるようになり

精神状態や気質、認知度やストレス反応

太りやすい痩せやすいタイプ・・・などまでも

腸内細菌によるところが大きいこともわかってきました

また、国や地域による多様性のパターンの違いなども

 

発達障がいと診断されるこども達が激増している現在

一般的に使われるお薬は、強い副作用があることも知られています

目の前の状態だけに対しての(対処療法)お薬は

その子の将来にどんな影響を及ぼすのでしょうか・・

お薬でしか対応できないというのは誤りです

まずは、日々の暮らしや食事を改善してみることは、とても重要です

 

「心身一如」

ココロが変われば、カラダが変わる

カラダが変われば、ココロが変わる

 

「私たちは、多様な微生物・大自然の一部である」

自分自身の腸内細菌を守ることは

私たちを取り巻く環境・大自然・大宇宙を守ることでもあります

 

発達障がいへのアプローチは、他にも色々あります

食事や生活の改善に加えて

感覚遊びや運動

多様な運動療法・手技療法

東洋医学

ホメオパシー

など・・・

お子さんに適したものを試してみるのもいいと思います

 

私自身についてですが

発達障がいと診断されるこども達への投薬状況に大きな危惧を抱いたことが

(未妊の方の治療やこども達への投薬状況も)

私をホメオパスにしてくれ

ドイツ人小児科医と小児理学療法士より小児の発達を学び続けていることに繋がります

実際に、ホメオパシーを通して

こども達の変化もみせてもらっています

 

選択肢があることを

是非、知っていただきたい

 

すべてのこども達が

その子の本質を発揮でき、自由に、生きていけるようにと思います 💖