アーカイブ | 11月 2013

セルフケア講座のお知らせ

DSC09956

 

DSC09958

久しぶりに上賀茂神社の手作り市へ

規模が大きくなってることにびっくり!

数年前は、数分で全店まわれる店数だったのにね

興味深いお店がいっぱいで、うほうほとソラと手をつないでまわりました

手をつないでても、はぐれそうな人ごみもあったり…

気づいたら、むしゃむしゃと試食するソラがいたり…笑)

お買い物の後は、お友達と芝生でランチ

満喫しました♪

 

見事な色の紅葉

気温がぐぐっと下がったお陰で、今年も美しい紅葉ですね〜

銀杏が黄金色に、大空めがけて伸び上がる姿

自転車で疾走していても、その神々しさに、ふと目が止まります

 

師走を目前に、冷えてきてますねー

我が家の古い町家は、外気温とそんなに変わらない内気温(笑)

風が吹くと、家も揺れるし…

鍛えられてます(苦笑)

 

一昨日、「冷えてきたから貼ってるの」とお腹のカイロを見せてもらいました

寒さが増す毎に、カイロの数が増えるとのこと

冷え、辛いですよね。。

実は、私も、自慢じゃないですが、体温が36度をきっていた時代があるので

とてもよくわかります

いつも手足がキンキンしてる感じ

また、集まりや宴会の多いこの時期

翌朝、鏡を見ると、ムクミがーーなんて、ことも

 

万病の元とも言われる冷え

東洋医学では、水毒といわれるムクミ

なぜ、冷えるの?むくむの?

冷えると、からだには、どんな影響があるの?

自律神経失調症ってよく聞くけど、冷えと自律神経って?

冷えとPMS(月経前症候群)は?

などなど

すぐに実践できる、改善法もお伝えしますよ〜!

 

日時:12月1日(日) 13:30-15:00

場所:Green e books

内容:セルフケア講座「冷えとムクミ」

詳しくは、こちら

 

冷えとムクミを解消したい方、どうぞお越し下さい〜☆

 

 

 

 

 

 

 

広告

紅葉の大文字

DSC09923

大文字へ!

紅葉がピークの週末

沢山の人々と行き交いながら挨拶を交わします

頂上まで行くのは、初めてのソラ

登りはじめ早々に、「抱っこ〜!!」

ええぇぇ。。。

おいかけっこしたり、ジャンプしたり、

励ましたり、登ったらおむすび食べよ〜でごまかしたり…(笑)

自力でがんばってもらいました〜

DSC09916

お友達と手をつないで、ルンルンの時も〜

DSC09929

到着!

正確には、大文字の頂上は、もう少し上ですが(ある方に指摘されました…苦笑)

DSC09931

秋の空

ススキも踊る

大文字

DSC09940

登頂の乾杯は、ほうじ茶で〜笑)

DSC09946

手の箒で階段のお掃除

 

登りと打って変わって、下りは一気に駆け下りました

子連れで登りやすい大文字

もっと頻繁に登ろうと思います!

よかったら、一緒に登りましょう〜

 

くたくたでお昼寝してくれるかと思いきや

帰宅前の近所の公園で、もうひと遊びするソラ

私が休みたい。。

こんな時、我が子の体力がついてきたこと、実感しますねぇ

 

のびのび、すくすく、ふわふわと

宇宙いっぱい

育ってね☆

DSC09948

産後ケア

DSC02503

DSC02504

DSC02507

娘のソラ、8週目の体重測定

アメリカのサンタフェにて

 

これ、体重計です!!

経済大国とまで言われるアメリカ

デジタルでピピッっと、瞬時に測定!な〜んて思いませんか?

全く想像してなかったこの測定器

あまりに新鮮で、嬉しくも可笑しかったのを思い出します〜

(注、助産師のプライベートオフィスなので。病院ではデジタルですよ。きっと)

 

布にくるんでぶら下げて、ぶ〜らん、ぶ〜らんと揺れるソラ(笑)

私の体重測定も、スライド式で重りを動かす秤でしたよ!!

ポンドだから、キログラムにいつも換算してました〜

 

自宅出産を共にしてくれた助産師の Seva

初めての面談で、彼女のオフィスのドアを開けて、彼女を見た瞬間、

「あ、この人だ」と思いました

 

こういった妊娠出産をしたいという、明確にあった私のバースプランを伝えた時

「それらは、私たちが介助するいつもの出産だから大丈夫よ〜」と笑顔で言われ

嬉しさと安心感、そして、信頼感のもと

彼女ともう一人のアシスタント助産師との妊娠出産期がスタートしました

Seva は、ホメオパシー医師でもあり、

ホメオパシーが、ぐぐっと身近になったのもこの時から

 

産後は、野口整体式の起き上がりをしました

これも、出産したら、経験したかったことの一つ

産後は、すぐに立ち上がらずに、骨盤が締まるタイミングをみて

ゆっくりと骨盤に体重をかけていくのです

他にも色々、したいことリスト盛りだくさんで、

妊娠出産、それはそれは素晴らしい経験でした♡

この経験談のお話し会の様子はこちら

 

産後の方へのセッション(ボディーワーク)は、

その方のお宅に伺って、いつもの空間で赤ちゃんと一緒に受けて頂いてます

産後半年経ってからの方が多いこの頃

産後の肥立ちというように、

産後の過ごし方は、その後の体調に大きく影響してきます

 

セッション中、赤ちゃんは、寝転ぶお母さんの回りで、遊んだり、乗っかってきたり、

ちょっと離れて、また戻ってきたり、私にちょっかい出してきたり…笑)

もう可愛くて可愛くて

時に、急に、あーーーんと泣き出す赤ちゃん

おっぱいの大要求!!

抱っこして授乳したり、仰向けになっているお母さんのおっぱいに突撃したり…

授乳の姿って、ほんとに美しく、神々しくもあります

私の目尻下がりまくりの時間です(笑)

お結び会のご報告

DSC09890

保育士の水沢友巳さんによるお話し会

「こどもを魂の視点で観る~私が出会ったシュタイナー教育」

沢山の方にご参加頂きました!

大人12名、子ども11名。

これだけの人数が、和室二間に入ったのは初めて!

DSC09896

子ども達、段々と、中心に進出し、移動したり、一緒に遊んだりがでてきます

先ずは、環境に慣れてからですね〜

これだけの乳幼児でどんな賑わいに…と思ったら、

予想を覆す(笑)、調和なひと時でした

 

シュタイナーについて、友巳さん自身が、画用紙に書いた図を用いて、

分かりやすく説明してくれました

シュタイナーにおける、年齢とからだとこころの関係性

シュタイナー教育

普段の暮らしに取り入れやすい工夫やアドバイス

などなど、難しく捉えられることもあるシュタイナーを

身近に感じられる内容でした

シェアリングの時間では、それぞれのシュタイナーとの関わりや、

実際に、こんな場合はどうしたらいいのかな〜などのシェアをしたり

印象に残った言葉や内容はいくつかあるのですが、

その中のいくつかをシェアすると。。

 

「7年毎のサイクルで変化していく。7歳までは、からだを育む時期」

東洋医学では、女性8年、男性7年と言います。近いですね。

小学校に入るまでは、からだをつくる時期

これも、東洋医学的にも整体的にも通じるものがありまくりです!

最近は、乳幼児ですら、スマートフォンやiPhoneを既に上手に操る姿を見ます

(私は、両方とも持ってないし…)

こういった画面を見入っていると、からだ…止まってますよね

からだを育むこの時期に、じーーと、目と頭をフル回転し、動きが抑制されること

避けてもらいたいですね〜

 

「大人を見て、子どもは育つ」

私も、これは娘を通して、痛感している(笑)ことでもあります

大人がイキイキと、自分の人生をやっていると、

子どもも大人になるのが楽しみでしょうね〜

DSC09897

子ども井戸端会議(笑)

DSC09899

ご飯の食べ合い

「あ〜ん、して〜♡」

 

参加者の数名から、こうやってお話しを聞き、

現状を見つめることや再確認できたのは、とてもいい機会だったと言われました〜

今回は、スペースの都合上、お断りした方も数名おられたのです。。ごめんなさいね

また企画しますね!

参加して下さったみなさん、友巳さん、ありがとうございました〜

大阪へ

DSC08823

気持ちよさそう。。

赤ちゃんの手当ての後、お母さんの手のぬくもり、優しさに包まれて

安心しきったこの寝顔

あ、、可愛い

その寝顔を見つめるお母さんの慈愛の眼差し

ほんと美しいです。。

 

今日は、大阪の寝屋川市へ行ってきました!

寝屋川市に降り立ったのは、初めてかも…と思いながら

大阪の空気感に浸ります

大阪に数年暮らしたことがあるので、

なつかしい感じだな〜と、大阪テイストを楽しみます

DSC09874

向かうは、寝屋川市の豊野保育園

紅葉しかけた大木と遊びたくなるような園庭が、迎えてくれました

64年の歴史ある保育園!

先生の中には、この園に通っていたという方がいたり、

おばあちゃんが通った保育園にお孫さんが通っていたり…などなど

歴史の長さを感じます

私が通った保育園、今はなくなってるな…

 

来年1月、地域子育て支援の企画で、

「赤ちゃんの手当て&お母さんのセルフケア」の提案をいただき、

その打ち合わせに。

園長先生と主任の先生とお話ししました。

企画の内容から始まり、子どもについて、食育について…と、話しは尽きません

豊野保育園では、「第二の脳」と言われる、腸へ働きかける献立作りや、

敷地内で存分に遊べる工夫など、多様な試みをされてます

子ども達への愛情、真摯さが伝わってきます♡

 

気になっている子どもの低体温の話しをすると、

先生方も、私に会う前に、そのことについて話されてたとのこと

子どもの低体温、増えてますね。。

 

東洋思想や東洋医学の基礎ともなる陰と陽

例えば、主食の代表のご飯とパンなどの小麦類を比較すると、

ご飯は陽性で、小麦類は陰性となります

パンは手軽なので、パンばかり食べ続けたり、

冷蔵庫に入っている冷たい飲み物ばかり飲んだり、

子どもにとって大事な、生活リズムが乱れていたり、

運動する環境がなかったりすると、

陽性の塊の子どもとは言え、冷えやすくなる傾向にあります

バランスですね〜

 

娘が数回通った、一時保育の園では、毎朝、食べたものと体温を記入するのですが、

子ども達の体温の低さにびっくりしました

それと、朝食に、ご飯を食べてる子どもの少なさにも

子どもを取り巻く環境も大きく変わってきてますよね〜

 

食べるものも大事ですが、どんな風に食べるかも大事

家族と穏やかに食べるのか、一人で、或は、急かされながら食べるのか…など

こんな究極の比較実験をした話しを聞きました

オーガニック食材のみで作られた最高級料理を、一人寂しく食べるのと、

ファーストフードを、大好きな仲間たちと笑いながら食べるのと、

どちらが、こころとからだにいいか…?!

私は、美味しいものを大好きな仲間たちと食べたいーー

みんなそうですね…笑)

 

いいか悪いかではなく、目の前の食に感謝して、おいしくいただく

佐藤初女さんの言葉、「食はいのちの基本です」

いのちをすくすくと育む子ども時代の食

一人の大人として、子ども達に、おいしく安全なものを提供していきたいですね

 

寝屋川市の豊野保育園の地域の方々

お会いできるのを楽しみにしています!!

(って、このブログを見てくれてる方いるかな…笑)

アートセラピー

DSC09714

アートセラピーのワークショップに参加してきました

私が「経絡セラピー」をしている、カウンセリングルームVIEW主催で、

今回の対象者は、発達障がいをもつ子どもの保護者と関係者さんでした

講師は、アメリカのクリニックで臨床を積んできた、スー・リーさん

 

「アートセラピー」の名前は、随分と前から見聞きしていたけれど、

実際に体験したのは初めて!

自己紹介コラージュで、私が手にした写真は…

寒くなってきたこの頃、サンタフェからの友人到来で、

青空が見たいな〜と思っていたここ数日

(サンタフェの空は、それはそれは広くて、真っ青なの〜)

沢山の写真の中から目に飛び込んできたのが、青い空と雲

単純すぎ…笑)

 

アートを用いて、言語ではない表現

とても興味深く、面白いワークショップでしたよ〜

こちら、VIEW のブログより

「発達障がい&アートセラピー」

秋日より

DSC09779

サンタフェからの友人が京都にやってきました

茶道裏千家の一同で、東京から九州までのツアーの数日を京都で

お茶を少し習っていた私

サンタフェで、お抹茶を点てて日本文化を紹介しよう!なんて思っていたら…

裏千家グループがしっかりと組織化され

自宅に茶室がある人も数人いて、びっくり!!

 

茶道に書かせない和菓子

手に入らないので、自分たちでつくったり

私も、サンタフェに居る頃は、和菓子、作りましたよ〜

日本だと、特に京都にいると、すぐそこにプロフェッショナルの

美味しく、美しい和菓子があるので、作らないけどね。。

 

気持ちのいい秋日和

自転車で走りました♪

鴨川でピクニックして、哲学の道へ

DSC09787

水と木が醸し出す空気感

内側の静寂が、自然と全体を包み込む瞬間

身を乗り出して鯉に話しかけるソラの声が入ってきました

DSC09801

南禅寺

大木の横で、ちょっと小人っぽい

DSC09818