アーカイブ | 9月 2013

高知 part 1

DSC09219

高知へ研修を兼ねて、ソラと行ってきました!

総勢、大人6名、子ども3名。

研修というのは、私もスタッフとして関わる、

大阪梅田にあるセラピールームが所属する会社で。

 

咲き誇る彼岸花。

彼岸花は私にとって、特別な花。春の蓮花の花と共に。

秋の幼少期は彼岸花と遊んだ、といっても過言ではない程のお友達(勝手にお友達。笑)

首飾り、冠、指輪、家の飾りに花束に…

 

島から町へ引っ越して、彼岸花の液にかぶれるから触っちゃだめよ〜

なんて言われて、大きなショックを受けたのを、今でも思い出します。

もしかしたら、彼岸にお供えする大切なお花だから、そういう風に言ってたのかも…と

子ども心に思ってたものです。

お墓の回りに植えるのは、虫除けのためでもあるんですよね〜

 

でも、こちら高知でも、私が育った島でも、至る所にわんさわんさと咲いていると、

特別感よりも、身近な存在になるのかな〜なんて思います。

美しく凛とした存在感。好きだな〜

 

お泊りは、梼原町に2泊。

雲の上の町とも言われる梼原町。

町面積の91%を森林が占めるという、森林世界。

 

朝6時に、大きな音楽が流れる告知放送にびっくり!久しぶりでした。

目覚ましかける必要ないね。笑)

毎食、地元の人による地元の食材を使ってのご飯はサイコー!

子どもご飯も、見た目も可愛く、子どもの食欲そそるものばかり。

DSC09208

DSC09207

DSC09210

初めて食べた、乾燥タケノコ。噛めば噛むほど味がでる絶品。

その他、虎杖、蕗、椎茸、鮎…などなど。毎回、食べ過ぎ。。だっておいしすぎ。。

 

到着翌日は、森林セラピーロードへ。

田んぼへ水をひくために作られた水路。

当時、手で掘り起こしたことを思うと、ただたた脱帽です。

 

森と水。それはそれは気持ちのいい約3キロの道。

セラピーロードとして、認定されるわけですね。

この水路を流れる水の早さが、

胎児がお母さんのお腹にいる時の血液の流れの速さとほぼ同じとのこと。

これまた、気持ちいいわけですね。

胎内への旅。

DSC09201

DSC09178

DSC09176

DSC09175

DSC09186

こちらのセラピーロードは、地域おこしの一環として行われていて、

セラピーロードのガイド&セラピー弁当、そして、宿泊のお願いもできるそうですよ〜

DSC09187

ソラは、手足口病を発症しており、

抱っこ、おんぶ、肩車の要求多かった〜

これも自然なこと。そして、またいい思い出。

 

歩いた後は、雲の上温泉へ。

清流四万十川の源流域に位置するかけ流し温泉。

雲の上に行く山中のドライブも気持ちよし〜

お遍路さんを歩いた時も、高知に魅せられ、

またまた魅せられてます。。

高知 part 2 に続く…

広告

イベントのお知らせ「お結び会」

DSC08976

「海の向こうは、なに〜?」

blog を始めて、日々のことや色々と書いていこうと思いつつ、

娘を寝かしつけて、、、一緒に朝まで寝てしまっているこの頃。

そんな訳で、またまたイベントのお知らせです!!苦笑)

身体感覚を意識する、気づく、ワークをします。

子連れ大歓迎☆

講師は五十川啓子さん。

子育て中だと、なかなか遠のいてしまいがちなワーク。

子どもも引き込んでやってしまいましょ〜

吉田神社の旧社務所という、和室のステキ空間で(目の前は大文字山の大の字!)

参加者みなさんで子どもを見守りながら、ワークをします。

子育てしていると、時間に、子どもの勢いに、次から次へとおこるハプニングに…と

流されてしまいがちですが、意識し易いからだの感覚に意識を向け、気づきを得ることで、

「今、ここ」を丁寧に過ごすことができるようになります。(下記詳細あり)

お昼ご飯は、各自持ちよりで、和室でも、一歩外に出で吉田山の自然の中ででも、

自由に戴きます。

そして、午後からは、井戸端会議!

進行役は、古川聡さん。

みなさんで、様々な思いや意見をシェアします☆

面白い手法を加えての井戸端会議は、どんな展開になるのか…うしし。。

うららちゃんのおいしいお菓子付きですよー

私も、とても楽しみにしているイベントです♪

「ダディー、抱っこ!」

DSC08958

 

お結び会「身体感覚のワーク&井戸端会議」

日時:10月6日(日)10時〜14時30分
内容:

(午前)身体感覚ワーク(ボディスキャン&ボディマップ)講師:五十川啓子さん

大人のワークです!みなさんで子どもたちを見守りながら、身体感覚に気づくワークをします。詳細は、下記を見て下さい!

(午後)井戸端会議 進行役:古川聡さん
面白い手法で、少人数に分かれて、色々な思いや意見をシェアします。自由に気楽にお話ししましょう〜 ★うららちゃんのお菓子付き(乳製品・卵・砂糖なし)★
場所の詳細地図はこちら→ 会場地図
定員:15家族(先着順。大人が2人の場合は2人分の参加費。大人の数で15名)
   *子連れでなくても参加OKです!
参加費:1,500円 (当日、お支払い)
   *午前のみの参加、1,000円 
持ち物:クレヨン、お昼ご飯、飲み物、新聞紙(あれば持って来て下さい!畳が汚れないようにするため)

タイムスケジュール: 10時〜12時 身体感覚ワーク / 12時〜13時 ランチ(各自持ち寄り)/ 13時〜14時30分 井戸端会議(お菓子付き)

申込:「10月お結び会申込」とタイトルにして、お名前、子どもさんのお名前&年齢、電話番号を記入して、こちらのメール(matsumikimoto@gmail.com)までお申込下さい。

 

身体感覚ワーク 参加型体験学習(ワークショップ)

「からだと語る じぶんと語る」

「いま」「ここ」に焦点を合わせながら、自分のからだの言い分を聴きます。

気持ちの良さも悪さも、自分が感じることができる大切なサイン

「できる・できない」「よい・わるい」と評価するよりも、ここでは今の自分に

共感的にワークを進めていきましょう。

1 からだに着目する

からだに着目することすることは、「いま」「ここ」にいる自分に気づく、

具体的な手掛かりとなります。

今日はボディ・スキャン(身体の各部分に注意を向ける作業)を通して

「いま」「ここ」にいる自分のからだに、少し意識的になってみましょう。

2 からだを使って遊ぶ

情報化社会の日常では、どうしても頭ばかりが働いてしまいます。

時々は考えすぎずに無心になって、子どもと一緒に遊んでみましょう。

3 想像力を活用する

現実の制約を超えて自由な感覚を味わいながら、「子どものこころ」

(フリー・チャイルド)を活性化させます。

4 感情に表現の通路を与える

表出された感情を整理する力を養います。

言語化されるものや、まだ言葉にならないものなども含めて、

自分の内側と外側をつなぐ通路(パイプ)を創っていきましょう。

5 シェアリングを大切にする

参加者が、自分の感じたことを言葉にして、皆で分かち合います。

その中で各自が互いの共通点や違いなどに気づいていきます。

個々の体験や気づきを共有(シェア)し、各自のありのままの姿を認めていく

その過程(プロセス)は相互の勇気づけ(エンパワメント)にもつながります。

短い時間ゆえ限られたワークとなりますが、人間関係における自分の癖や傾向性に気づくつまり「自分を知る」試行錯誤の中で、仲間の輪を拡げていきたいと願っています。

皆さんのご参加をお待ちしています。 いそがわ けいこ

 

 

「お結び会」は、子どもと共に育ち遊び学ぶ場として自然発生した会で、昨年春から開催しています。どなたでも参加可能です!!今後も、ブログで案内していきますね!

自然

DSC08951

鳥取県へ

久しぶりの日本海

瀬戸内で育った私にとって、まだまだ新鮮な日本海

荒い波の姿も印象的だけど、今回の滞在中はずっと凪でした

イカ釣り漁船が港に並び、夜になると海に灯がともる

こちら、初めて見た、イカ乾燥マシーン?!

すごい早さでくるくる回ってましたよ〜

DSC08995

円山応挙とその一門による障壁画で知られている大乗寺(応挙寺)

障壁画ももちろんだけど、昭和初期頃まで使われていたという

おくどさんが、かっこよかった!

DSC08954

静かな日本海の朝

DSC08981

DSC08984

こどもの国では、アンパンマンにも乗ったし〜

DSC09008

大山で無農薬のブルーベリー狩り

食べ放題、詰め放題

走りたい放題

DSC09047

DSC09063

大汗かいて遊んだ数日

「これソラちゃんの!」を連発して、お友達と、お友達の玩具を取り合いするソラ(笑)

子ども社会。ほんとに可笑しくって、こちらも学びが多いのです

自然の中で遊ぶ子どもの生き生きと、エネルギーに満ち溢れる姿

子どもだけでなく、大人もですよね〜

自然の力

そして、この度の台風の被害

これも自然の力

そして、私たちも、自然の一部

「秋のセルフケア」ワークショップのご案内

DSC02577

酷暑の夏から一気に涼しくなってきたこの頃。

からだが一気に縮こまっていませんか?

それとも、寒暖の差にこころとからだが躊躇しているかも?!

なんて言ってたら、また蒸し暑さが戻ってきたり…

どうなってるのーと吠えてみても(笑)、

自然は自然の移り変わりを巡らせてくれてるだけですね。はい。

秋は、これまで開放感一杯の夏のからだから、

寒くなる冬へ向けて、締まっていく時期。

快適に夏から秋へと変化を味わえるからだは、

冬、そして、春への快適さへと繋がります。

シンプルな動きをしながら、こころとからだをゆるめます。

そして、秋に締まっていくからだを導いていきます。

快適なからだは、季節に応じて、心地よく締まり、ゆるみ…を繰り返します。

それは、月々の骨盤の動きの開閉にも通じます。

シンプルな動きに加えて、セルフマッサージと呼吸法と少しの瞑想など。

こころとからだの「快」の気づき。

そんな時間を過ごしましょう。

DSC02574

日時:10月8日(火)13:30〜15:30

場所:壺沙

対象者:女性

安定期の妊婦さん、お子さん連れのお母さんもどうぞ!

参加費:3,000円(ハーブティー&プチスイーツ付き by 壺沙さん)

定員:8名

服装:動き易い楽な服装でお越し下さい

タイムスケジュール:
13:30〜15:00 セルフケア
15:00〜15:30 お茶会

*一緒の時空間を共にするみんなで、子どもたちを見守りながらのセルフケアとなりますこと、ご了承下さい。

 

お申込:matsumikimoto@gmail.com まで。「秋のセルフケア申込」とタイトルに、お名前・電話番号・妊婦さんは何週目か・子どもさんのお名前と年齢もご記入下さい。

*申込メールをして、3日たってもこちらから連絡が無い場合は、再度、メールをお願いします。また、携帯からメールを送られる方は、私のアドレスからの返信を受信できるように設定して頂くか、パソコンからメールを送って下さい。携帯にメールを送れないケースが時々ありますので。よろしくお願いいます!

ご参加お待ちしています♪

気づきのワークとセルフケア@清滝テラ

 

雨がかすかに降る清滝の朝

澄んだ秋の空気をお腹一杯吸い込みます

市内とは違いますね〜やっぱり

愛宕山の麓、清滝川の清流の間近に佇む古民家、ギャラリー清滝テラ

何度も訪れているのですが、ワークショップをさせて貰うのは初めてです

 

お昼ご飯の準備の火がおくどさんに入ります

火を入れてるオーナーさんの手作りのおくどさん!勾玉型でとってもキュート

DSC08897

先ずは、本日の相棒、斎藤由香さんによる「気づきのワーク」

DSC08899

自分がどのように感じているのかに気づく

回りの人に合わせることなく、ジャッジせず、自分にぴったりくる姿勢、歩く速度、過ごし方…

まずは、気づくことから

みんなで一緒にむすぶ、佐藤初女さんのおにぎり

DSC08904

お膳に載せられたお昼ご飯。いただきます〜

お昼からセフルケアだから食べ過ぎないようにしよっとと思ったのもつかの間…

はい、美味しすぎて食べ過ぎ(笑)

DSC08906

みなさん、「気づき」ながら食べられてるのがとても伝わってきました。

静かに味わってられてましたね〜

ぬか漬けと沢庵を食べる音が、ぽりぽり。

こっちでぽりぽり。あっちでぽりぽり…。美味しい音が、響き渡ってましたね〜

お昼前には雨が上がり、界隈を散策される方、畳で寝転がれる方…と自分にぴったりの時間を満喫

DSC08907

美味しいご飯を食べて、お昼寝ケアにしようかと思うくらい、まったりのムード

の中、「セルフケア」始まりました〜

酷暑から急に涼しくなったこの頃

清滝のいい氣を頂きながら、夏の開放感いっぱいのゆるんだからだから、少しづつ締まっていく秋のからだへのケア

DSC08910

また雨が降り出したのかと錯覚するような、清滝川の清流の音が聴こえてきます

 

ワークの後は、これまた細胞に染み入る紫蘇ジュースと梨を頂きながらシェア会

参加して下さったみなさん、ありがとうございました♪

また来年、相棒といつかどこかで(風天みたい;笑)ワークショプやります☆

お話し会 part2 @green e books

 

雨続きの後の秋晴れ、気持ちいいですね〜

山盛り洗濯物が一気に片付いて、あー気持ちいい。

7日(土)のお話し会、私の自宅出産談中、「えっ!そんなことまでノートに?!」と思うことまで、細かくメモしてくれてる方もいましたね〜笑)

DSC08893

自己紹介では、妊娠出産へのイメージも一言付け加えてもらいました。ほんと、それぞれのイメージがありますね〜。最初に見聞きした言葉や映像が与えるイメージって大きいですね。私は、20代の頃、5人を出産した知人から、「自宅出産、ほんとに気持ちよかったの〜」の一言を、今でも覚えてるし。もしかして、テレビや映画で、痛そ〜な映像を見て衝撃を受けた人は、そこからイメージを膨らませてるかもしれませんね。

私の常識は、他人の非常識というお話し。常識って、それぞれの主観ですもんね〜。日本では、玄関で靴を脱ぐのが常識だけど、アメリカでは、靴のまま玄関を入るのが常識。(私たちのように玄関で脱いで下さい〜式にしてる人も多いですが)

妊娠出産も、人が、場所が、習慣が、変われば様々なスタイルがあります。例えば、日本では、へその緒は出産した場所で後処理をしてくれ桐の箱などに入れて手渡してくれるけど、アメリカではそういった習慣はありません。なので、くるくる巻いて乾燥させて、大切に保管しています。後処理中には、ハプニングもありましたね…笑)胎盤の話しにも、みなさん食いついてこられましたね〜

常識とかなんとなくではなく、どういった妊娠出産をしたいのか。私の選択。準備。そして、信頼して委ねる。或は、委ねて信頼する。そうしている間に、母としての逞しさも育まれていくのでしょうね。

数人の方が、回りで妊娠出産している友人知人達はいるのに、実際に経験した話しを聞いたことがないと言われてました。生と死が近くにあり、家の中や近所での出来事だったのが、病院や施設の中での出来事になってきている現代ですもんね。

からだづくりや胎児への尊厳なども含む「いいお産」は、「いい子育て」に繋がり、それは未来へ社会へと繋がっていくのだと思います。「いいお産」とは、どのような形式というのではなく、どのように臨み受け入れるかだと思うのです。胎児の頃から(その前からも)愛情を一杯受けた子ども達がつくる未来を想像します。

私たちは、古代から脈々と受け継がれてきたいのちの通過点です。いのちが快適に過ごせる環境、地球を、これまで受け継いで貰ったように、これからのいのちへ受け渡していけるよう。選択と行動。

ネイティブアメリカンが、7世代後までの影響を想っての行動。森に木の実をとりにいっても、来年に実をつける分や、他の動物のことを想い、全部は摘み取らないという暮らし。学ぶこと多いですね。。。

受け継がれたいのち。受け継ぐいのち。それは、直接いのちを産み育てるということだけではなく、様々な形、立場で、いのちの受け継ぐという意味で。こうやって連綿と続くいのちの通過点に現れた原発など、今の日本の状況。思うこと多いですね…ほんと。今回のお話し会の軸ともなる「じゃあ、私はどうしたいのか。どう行動するのか」ここからなのでしょうねぇ。

参加して下さったみなさん、どうもありがとうございました!

ワークショップ&イベントのお知らせ

 

ベビータッチケア体験会&ベジランチ @apelila アペリラ
8月21日(水)
8月28日(水)
定員に達し、受付終了しました

お話し会「マルコウというリアリティーハッピーな妊娠と出産」@Green e books
8月31日(土)
9月7日(土)
詳しくはこちら 
http://greenebooks.net/2013/event/6328.html 
申込先:Green e books

気づきのワークとセルフケア @Terra 清滝
9月8日(日)
申込先:Terra 清滝 定員に達し、キャンセル待ちにて受付中です