アーカイブ | 8月 2013

赤ちゃんの手当て&ランチの会 @apelila

 

酷暑から一気に秋の空気感になり、こころとからだがちょっとついていけてないような

この頃ですね。

2ヶ月〜7ヶ月のベビー&ママと、妊婦さんが参加して下さいました。

初めての大きな外出デビューが、この手当て&ランチの会というベビー&ママもおられ、

記念日に関われたようで嬉しい!

まずは、手当て。

今日も、私の相手をしてくれるのは、apelila さんの次女ちゃん。

始まってすぐに寝るという大物ぶり。笑)

DSC08810

妊婦さんも参加。

もうすぐ会えるお腹の赤ちゃんを想いながらされてるのかな〜

優しい微笑み。

DSC08812

そして、ママ自己整体では、ゆるみ〜ほげ〜

授乳と抱っこの日々ですもんね。

DSC08819

ベビーも、ゆるゆる〜

DSC08823

参加者のママにレシピ本をせがまれる、apelila さんランチ。

DSC08822

食べて、話し、食べて、話し…エンドレス!

子育てをしていると、子どもに関わる選択権を委ねられるのは親。

初めて対峙することの連続ですよね。ほんと。

その中で、迷い、悩み、考え、選択し、そして、また悩み、考え…これもエンドレス。

でも、これが育児であり、人生なんでしょうね〜

みんなの意見や考えを聞くことって、栄養補給にもなります。

リフレッシュしましたという感想も頂きました。

それぞれの育児スタイルを聞ける、見れる、シェアできる場って、

ほんとありがたいな〜っていつも感じます。

また、やりましょ〜

ありがとうございました!

apelila さんのブログ

お知らせ

8月31日(土)、green e books でお話し会をします。

「マルコウというリアリティーハッピーな妊娠と出産」というタイトルですが、

女性の快適なからだづくり、セルフケアに繋がるお話しですので、

どなたでもご参加下さいね☆

http://greenebooks.net/2013/event/6328.html

広告

古代の海

画像

胎児に思いを馳せるこの頃。

羊水は古代の海の成分とほぼ同じと言われている。

十月十日と言われる月日の間に、羊水の中では、

何十億の地球の生命の進化が繰り広げられている。

なんて、神秘的な現実。

この世にいる全ての人が通る進化の過程。

夏休み

 

8月最初に、広島へ帰省して過ごした夏休み。

ソラは従姉兄に囲まれ、大喜びで大興奮の日々。あ、私もか…笑)

山口県で海水浴も。

瀬戸内海の島で幼少期を過ごした私にとって、海は、なんていうのか…

ここから来たというか、ここで育ったというか、なんとも懐かしい感覚が蘇る

私の原風景なんだろうな。やっぱり。

海から遠い京都で暮らすソラにとって、目の前の海は、どんな風に映るんだろう。。

画像

それにしても、驚く程、豪快に、ガシガシと海へ入っていくソラ

浮き輪してバタバタ…私が手を放ししても、一人でキャッキャッとバタバタ…

子宮の中で羊水に浮かんでいるのも気持ちいいんだろうな…

画像

それと、もう何年、いやいや、10代以来の、広島で迎える原爆の日。

数時間、平和公園や原爆ドームで過ごす。

まさに老若男女、たくさんの人でした。

夕方近くになっても、祈りを捧げる人の列が長く長く続いていました。

画像

灯籠流し。

夜になると、この灯籠の炎が、祈りいっぱいに輝くのです。

画像

画像

ガンジス川のガートを思い出す。

生と死。

洗濯や沐浴、火葬や祈りなどなど、人間の様々な営みがそこにあるガート。

沐浴した時の水の感覚を思い出す。

そして、目の前の元安川の68年前の様子を想像する。

合掌

画像

原爆ドームの回りには沢山の子ども達。

あるイベントで聞いた言葉。

「子どもは未来。子育ては未来づくり。」

「子どもは、親が色々と詰め込む空っぽのバケツではなく、

既に、どのように生きていくのか知っている球根のようなもの。

球根の中の操作はできない。中の秘密は子どものみ知る。

球根に、適度に水やりをするように、

大人が子どもにできることは、環境を整え、見守るのみ。

邪魔をせず、その子が既にもつ生きる力を、

のびのびと発揮できるお手伝いをさせてもらうのみ」ちょっと私の意訳。

球根の比喩、好きだな〜

赤ちゃんの手当て(ベビータッチケア)&ランチの会

 

今日は、apelila さんで、ベビータッチケア体験&ランチの会。

6ヶ月〜8ヶ月のベビーとママが参加してくれました。

まずは、手当てについて。

目の前にいる赤ちゃんのからだに聴く。教えてもらう。

我が子との対話。

ここをどうして、あれして…と思考ではなく、からだに聴く。母の直感。

画像

赤ちゃん同士の対話。

一枚だけ、写真が小さいサイズに…ブログに不慣れなもので…

DSC08760

それから、東洋医学の経絡理論と西洋医学の解剖生理学と発達心理学をベースとした、

ベビータッチケアを少し紹介。

お母さんの我が子を見つめる目、チュッとキスする場面。

全身で応える、語る、赤ちゃん。可愛すぎる。。。

育児真っ最中のお母さんに、簡単にできる自己整体でほっこりタイム❤

画像

その後、apelila さんの美味しい料理!

一緒に食卓を囲むって、何故にこんなにも、私たちを幸せに、

気持ちをゆるめ、お話しも弾みすぎるのでしょうね(笑)

画像

からだのこと、育児のこと…色々と質問もありましたね〜

私も育児真っ最中の身。

みんなで、経験や意見をシェアしたり、からだについては専門的なことをアドバイスしたり。

みなさん、すごくいい笑顔で帰られたのが、とっても印象的でした。

apelila さんもブログに書いてくれました。

ありがとうございました。

夏祭り

 

近所のお祭りへ。

いつもは静かな商店街が、もうそれはそれは、ものすごい人の数、波、笑顔♪

太鼓、笛、アイリッシュミュージック、歌…画像

屋台からの美味しそーな声や、いい香りが、あちこちに漂う〜

この祭りの感じ。祭り魂が喜ぶぜい!

迫力の太鼓の音が近づく…チンドン隊。

ソラは、圧倒され、立ちすくみ、目の前までくると、あまりの大音量に抱きついてくるのでした。

子どもの自然な反応に、我を見返るこの頃なのです。

アシナガバチとの共存

先月の話し。

ベランダの横に、アシナガバチの小さな巣を発見。

巣には、4〜5匹のアシナガバチが集まっている。おおっと!

時々、ブーーンとこっちにも飛んでくる。

全く害もないし、そのままでもよいんだけど…

もし、ベランダでソラが遊んでる時に近づいてきては…むむむ。。対策を考える。

 

ネットで調べたら、ゴキちゃんスプレーでシューなどばかり。

別の場所に巣を作ってくれたらよい訳で…シューの必要ないし、

我が家にシューもないし。

先ずは、巣を洗濯竿で落とす。

これで、どこかへ行ってくれたらいいな〜と思い、数日、観察。

でも、その場所がどうもいいらしく、やはりまた巣を作り出すこと3回目。

 

他の対策を…と、テッドに相談すると、

キュウリの汁を嫌うらしいという情報をネットでゲット。もしかして親父ギャグーーー

早速、キュウリをミキサーにかけて、キュウリジュース。

飲みたいのを我慢して、アシナガバチの巣めがけて、ぴちゃっとかける。

数匹のアシナガバチが、一気に逃げて行った。ほんとに一気に!

こちらもびっくりする程の、ものすごい早さで、一目散に。

そんなに嫌いなの〜?と、思わず、遠ざかるアシナガバチ達に問いかけた程。。

そして…、それから帰ってこなかったのですーー!!!ホッ。。

 

アシナガバチと共存、キュウリジュース。

お勧めです♪

画像